なつこさんへの回答

先ずレビー小体型の認知症にアリセプト10mgの服用と云うのは、明らかに過剰投与です。副作用のみが多く目立ちます。先ずはアリセプト5mgが上限です、レビー小体型認知症では。しかし厚労省は、この増量規制に遵守する様に指導しています。3mg✖️2週間、次いで5mg、そして7.5mgもしくは10mgのルールです。厚労省も一般医師も未だレビー小体型認知症の本質を理解していない様です。アリセプトは1999年11月、日本国内で販売許可を受けましたが販売当時の副作用報告より、その実数の副作用は10倍以上に膨れ上がっています。私が取り扱っているレビー小体型認知症でアリセプト使用量は2~3mgまでです。それに抑肝散を追加します。アリセプトの使用量だけ多くしなければ、これだけでも十分にメンタルケアに成功する例は多く認められます。殆んどの失敗例はアリセプトの使用量が多すぎる事に原因があります。ともかく信頼出来る認知症専門医を探し出す事です。一般内科医とか精神科医では認知症の治療は難しいと思います。特にレビー・ピックコンプレックス(レビーとピックの合併症)をコントロール出来る医者は多くありません。
未だ「認知症」と云う学問は発展途上なのです。ですから専門学会も製薬会社も実に、多くの試行錯誤を繰り返しています。NHKの医学情報など余りに誤解が多すぎて、日々患者さん方への説明に困難を極めています。それでも認知症の治療法に日々真剣に取り組んでいる医者もそれなりにいます。その様な医者に巡り会う事を祈っています。ご質問の様にレビーにピック病の合併も考えるべきなのでしょうが、先ずはアリセプトの減量から考えて行くのが正道でしょう。
また、レビー小体型認知症ではマイスリーやリスミーが無効な事が多いのです。この場合はリボトリールなどの抗ケイレン薬で効果を上げる事が、ある一部の認知症専門医の間で知られています。何故、抗ケイレン薬が有効かと申しますと、これにより脳波のリズムを調整出来るからです。認知症患者さんでは脳波リズムの乱れが多数に見られます。しかし、この事に気づいている医者は殆んどいません。さらに抗ケイレン薬の使用量もかなり難しいのです。私は貴女のお父さまの様な場合に、この抗ケイレン薬でかなりの効果を上げています。
未だに認知症と言えば、アルツハイマー型認知症しか考えつかない医者の何と多い事か?
しかし、アルツハイマー型認知症は厚労省の10数年前までの報告に比べ半分以下でしょう。レビー小体型認知症の多くを見落としていたのです。そしてレビー小体型認知症でのアリセプト使用量は最大で5mgまでです。この認識さえ殆んどの医者は持っていません。ここに認識症に対しての医療不信が増大しているのです。所詮は発展途上の医学ですから(特に認識症と云う学問では)、多くの医者が有効な治療法を共有していないのも仕方がないのでしょうか!
厚労省自体が精度の高いデータを持っていない現状では、どうにもならないのかもしれません。
「ご質問」
83才父について、質問させていただきます。
5年ほど前より、寝起き時に幻視があり(虫がいる。壁が倒れてくる。人がいる)精神科を受診。レビー小体の疑いと言われ、アリセプトを2ミリから服用し、1週間後に5ミリへ増量。1年前より、寝起き時だけでなく幻視が現れ、アリセプトを10ミリに増量。レビー小体と診断される。
4か月前より、幻視による妄想がひどくなり、「隣人が我が家を占領している。泥水を流し込んでくる」「泥棒がいる」「家族が皆、俺をだましている」などといい110番したことも。このころから、足元にふらつき、歩行や立ち上がりは介助が必要となる。トイレも失禁、便失禁も増え、紙パンツ使用。妄想のため、寝つきも悪く、マイスリーやリスミーを服用するも、効果がないことも多い。
症状がひどくなるころから、受診を拒否し、抵抗とふらつき等から、家族も病院へ連れて行くことが困難と感じ、近所の内科医の訪問診療を利用中。(専門は循環器)薬は精神科で処方されていたもの(アリセプト10ミリ、抑肝散、リスミー2ミリ、デジレル)を継続して処方してもらっている。
ここ3か月ほど、とにかく甘いもの(饅頭、チョコレート、キャラメルなど)を欲しがり食べ続ける。また、言葉が出にくくなり、どもったような言い方になったり、意味不明なことが多い。すぐに怒り多い黄な声をだし手を出すこともある。自宅にいても、トイレや寝室の場所がわからなくなる。水道の使い方、寝かた、水の飲み方等、認識が難しいこともある。じっとしていることが難しく、立ったり座ったりを繰り返す。
このブログ等を拝見し、レビーとピックの混合ではないかと疑っている。薬はこのままでよいのでしょうか。もう少し落ち着くような薬はないのでしょうか。また、薬があっていない場合には、いま診療していただいている先生には、どのようにアプローチしたらよいのでしょうか。どうぞ、ご教示願います。
(心臓疾患でペースメーカを6年ほど前に入れている。前立腺がん治療済み。緑内障あり。要介護3。在宅介護中)
症状がひどくなるころから、受診を拒否し、抵抗とふらつき等から、家族も病院へ連れて行くことが困難と感じ、近所の内科医の訪問診療を利用中。(専門は循環器)薬は精神科で処方されていたもの(アリセプト10ミリ、抑肝散、リスミー2ミリ、デジレル)を継続して処方してもらっている。
ここ3か月ほど、とにかく甘いもの(饅頭、チョコレート、キャラメルなど)を欲しがり食べ続ける。また、言葉が出にくくなり、どもったような言い方になったり、意味不明なことが多い。すぐに怒り多い黄な声をだし手を出すこともある。自宅にいても、トイレや寝室の場所がわからなくなる。水道の使い方、寝かた、水の飲み方等、認識が難しいこともある。じっとしていることが難しく、立ったり座ったりを繰り返す。
このブログ等を拝見し、レビーとピックの混合ではないかと疑っている。薬はこのままでよいのでしょうか。もう少し落ち着くような薬はないのでしょうか。また、薬があっていない場合には、いま診療していただいている先生には、どのようにアプローチしたらよいのでしょうか。どうぞ、ご教示願います。
(心臓疾患でペースメーカを6年ほど前に入れている。前立腺がん治療済み。緑内障あり。要介護3。在宅介護中)
関連記事

コメント