一成さんへの回答

77才のお母さまがMRIで高度の海馬萎縮とMMSE21点との結果でアルツハイマー型認知症と診断されドネペジルの処方を受けたとの事ですが、貴方が1週間しか飲ませなかったとのお話は、それで良いと思います。MMSEは21点以下で認知症との診断となりますが、お母さまの体調やテストをする側の熟練度によっても点数は微妙に変わって来ます。海馬の萎縮もアルツハイマー型認知症の大きな判断材料にはなりますが、それだけが絶対ではありません。
画像診断だけで認知症の診断が確定出来ると考える医師が多いのには泣かされます。それらは一つの参考資料です。海馬の萎縮がMRIで認められても認知症状の出ない人は沢山います。ただし、ドネペジルを2~3mg(顆粒)を2~4週間、服用して頂き認知症状にどの様な変化が見られるかは、大きな治療診断となります。この程度の量ですと副作用の危険は、そんなに心配しなくても良いですし、また急にドネペジルを中止したとしてもリバウンドを恐れる事はありません。
問題はドネペジル3mg×2週間、次にドネペジル5mgと云う増量方法にあります。多くの認知症専門医が行っている処方ルールです。何故なら、これは厚労省が定めた増量規制となっているからです。
「日本認知症学会」が正式に発足したのは2005年です。僅か12年しか経っていないのです。「認知症」と云う医学自体が、発展途上の余りに未発達な分野なのです。つまり未だ、専門医も厚労省も多くの試行錯誤を繰り返しているのです。当然の如く、誤診も多く医療不信を招く結果ともなります。
MRIとか、SPECT(脳血流量の測定)などの高度医療機器の前で多くの医師が盲従してしまう危険が見られます。しかし、それらは一つの参考資料なのです。大病院程、この傾向が強いと思います。
本当は患者さんの全体像を見ていかなければならないのに、その様な地道な訓練を受けている医師が極めて少なくなっています。
逆に一成さんが行っている記憶力テストや適度な散歩、水分補給などが現在は見直されている基本的な認知症の治療とも言えるのです。その上でドネペジルを少量づつ服用して行くのが、現時点の医学水準となっています。未だ安易に薬だけに頼っている医師も多いのですが…
ですから77才のお母さまには、一成さんが行っている記憶力テストや適度な散歩、水分補給などで良いと思います。その様な努力で認知症が何年も悪化しないケースは多数認められます。しかし問題は、転倒による下肢の骨折です。この骨折を契機にして一気に認知症が悪化させてしまう例が数多く存在しますので、ご注意下さい。
「ご質問」
成川様 はじめまして。 よろしくお願い致します。 77歳の母が認知疾患センターのある病院でアルツハイマー型認知症と診断されました。最終的な診断をされた先生は問診やテストをした先生ではありませんでした。MRI画像で高度の海馬萎縮とMMSE21点、ポイントが高い程悪いテストで14点。以上を見てドネペジル3mgの処方。2週間後に5mgにすると言っていました。見当織障害と理解力 判断力低下と書かれていました。
自宅で世界一簡単な時計と時間を書いてもらうテストをしましたが3分程で普通に書けました。 長谷川式やMMSEテストは軽度の点数でした。 アルツハイマーは確実だと思いますが、日常生活では炊事洗濯も普通にできますし睡眠もとっています。 
ドネペジルは長期服用すると止めた時のリバウンドや副作用を考えるとリスクがありそうなので1週間で止めました。 そのかわりに記憶力テストや適度な散歩、水分補給などをするようにしました。 もしそれで悪化があれば違う病院を探そうと考えていますが専門医は遠方にしかいません。 今後どうすれば良いと思われますか。
関連記事

コメント