霜月の夕暮れ(52)

国は医療費抑制政策の上からも、在宅介護を強く押し進めているが、伸枝は自分自身の経験から言っても在宅介護は家族の誰かが犠牲になると云う問題に直結していると思えてならない。
現在の介護制度ではホームヘルパーの派遣システムが、余りに不完全で、医療費のみならず介護費をも抑制したいと云う意図が強く国にあるならば、それは家族に血の滲む様な労力を強制する事になりかねない。
伸枝には高校時代の親友で、デンマーク人と結婚したメル友がいる。その彼女を通じてデンマークの医療介護事情を教えてもらえる機会が多い。日本で知られているデンマークのイメージは、高福祉、高税率でともかく住みやすく高齢者や病人には優しく保護の行き届いた国だと云う印象が強い。教育費は大学まで全てが無料だし、高校生で妊娠しても住居から育児まで全て世話してくれる夢の様な国だとも聞かされた。所得税は一般のサラリーマンで平均50%、消費税は25%と日本に比べ格段に高いが、揺りかごから墓場まで国がすべて面倒を見てくれるので、国民は将来に不安がなく個人が貯金をする必要もないとも言われている。
しかし、その実態はどうか?
医療システムに関しては、日本の方がはるかに診察が受けやすいと、その友人は言う。家庭医制度が徹底していて、その紹介がなければ絶対に病院では診てもらえないらしい。さらに70才以上の高齢者だと、高額医療になる癌治療(たとえ早期癌であろうと)や人工透析その他の難病疾患では規制が強く、家庭医が紹介状を書いてくれない事もあるらしい。
事実、10年前に彼女の義父が71才で早期胃癌が発見された時も病院は紹介されたものの、老人枠があって入院治療のベッド待ちが3年だという。仕方なく彼女は義父を自分の実家である東京の町田に連れて帰り国民健康保険を取り、日本の公的病院で胃癌の手術を済ませたとの事である。
日本では考えられない話であろう。
高齢者の介護がしっかりしている分だけ、不要な医療費には極力お金を使わせないシステムである。また家庭医は登録制で地域ごとに行くクリニックが決まっていて、自分勝手に医者を選ぶ事は許されないとも説明された。その家庭医も全てが予約制で3~10日程の予約待ちが普通なので風邪ぐらいでは予約を取る事も難しいようだ。たとえ予約が取れ診察を受けても、単なる風邪だと診断されれば薬など出ない事も多い。
「自宅で身体を暖かくして十分な睡眠と食事をする様に」
と、言われるだけだ。ともかくヨーロッパ先進国は、ちょっとした病気で薬などを出す事は少ない。インフルエンザであっても20代から50代ぐらいまでは、殆んどの場合に自然治癒するまで安静と外出禁止を指示されるに過ぎない。もちろん糖尿病や高血圧症に関しては、それなりの薬は出るが、総じて薬の使用量は日本の半分にも行かないだろう。
CTの台数にしても日本ではヨーロッパ先進国の4倍、MRIは3.7倍(人口100万比)と格段に多い。
ともかく高度医療機器や医薬品が過度に使われ、不要とも思われる延命治療が行われ、世界で最大の長寿国になっている日本と云う国の現状が浮き彫りにされた印象を伸枝は強く抱いた。
その分だけ介護費に資金が回らず、デンマークとは全然異なった貧弱な「在宅介護」の推進を国は奨励し、核家族化された国民の生活をただ苦しめる結果になるのでは…そんな恐れを伸枝は持ち続けていた。
次回に続く
関連記事

コメント