霜月の夕暮れ(96)

3月26日の木曜も晴れだった。10時に岩惣をチェックアウトした。原爆ドームの近くに今夜のホテルは決めてある。3連泊の岩惣で伸枝の心のバランスは極めて良好となって来た。
広島のデパートに立ち寄り、洋服と下着を少し買い求める。これまでの服や下着は静子の家に送ってしまう。ちょっとした土産物も忘れず、手紙も共に添えた。
ダイワロイネットホテル広島に着いたのは2時半だった。部屋に荷物を置いて、すぐ原爆ドームに向かう。見学するのは初めてであったが、日本人として一度は訪れてみたいと思っていた。ホテルからは歩いて10分ちょっとの距離だ。
原爆ドームの名で知られる広島平和記念碑(ひろしまへいわきねんひ)は、日本の広島市に投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える記念碑(被爆建造物)で、元は広島県の様々な物産を展示するために広島県物産陳列館として開館し、原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれていた。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめて、特に負の世界遺産と呼ばれている。
資料館の中には被災者の遺品や写真が数多く陳列され、当時の被害の実態を悲惨に物語っていた。目の向けられない物も数多い。
なお、死没者数について、広島市では、放射線による急性障害が一応おさまった昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が亡くなられたと推計されている。
被爆当時、広島には約35万人の市民や軍人がいたと言われていたので14万人の死没者数と言うのは凄惨な数字である。
さらに被爆後5年以内には20万人が死没されたとも言われている。改めて核物質の破壊力を目の当たりにする思いである。
これだけの気の遠くなる様な災害を受けながらも、当時の日本陸軍将校の一部は「1億総玉砕」と叫んでいたと言うから、正に狂気の沙汰であろう。昭和天皇でさえ、それを阻止出来なかったと夫に聞かされた事がある。天皇と雖(いえど)暗殺の危機に脅かされ、真っ当な発言は出来なかったらしい。
そんな暗黒の時代から見ると、現在は何と平和な時代である事か。
結局、この世の在り方はどの様な時代に生まれ、どの様な境遇で育ち、良き配偶者に恵まれるのか?
それだけの事なのだろう。
鴨長明(かものちょうめい)の『方丈記』が思い出される。
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし」
人間の一生とは、今更ながら、何なのかをつくづく考えてしまう。富も地位もプライドさえ取るに足りない小さな事ではないのか?
この原爆ドームを前にして伸枝は、改めて思い知らされた。
ホテルに戻って、母とこの2年間を振り返って自分は何かを見失っていたのではないかとの思いで、彼女は胸が一杯になって来た。
次回に続く
関連記事

コメント