霜月の夕暮れ(100)

   ➖ 終章 ➖
「明日は東京に帰ろう。懐かしい母の元に戻ろう。そして母と共にこころ静かに、その老後を過ごしていこう。たとえ、認知症であろうと、なかろうと…私を産み育ててくれた母ではないか」
心晴れやかに伸枝は、そう意志を固めた。
【追記】
この後、伸枝と吉子の母子がどの様な人生を送ることになったのか…?
筆者は知らない。恐らくブラジルから俊治も帰り、吉子がさらに入退院を繰り返すような事があっても共に仲睦(なかむつ)まじい日々を送ったのでないだろか、筆者はそう信じたい。
さて、現在我々を悩ませている「認知症」の将来はどうなるのであろうか。現時点の治療法の根本は生活療法(規則正しい生活リズム、便通コントロール、睡眠の質を高める)、生活習慣病の適正な調整、喫煙、飲酒を控える。そして根気強い脳トレの持続が主体である。それらを支える為に、薬物療法が補助的に使用される事となる。
しかし医学の発展と共にアルツハイマー型認知症の原因物質と推測されているアミノβやタウ蛋白を除去出来る根本治療が見つかるかもしれない。それ以外にもピック球やレビー小体の除去法も見つかる可能性は強いのであろう。
では、それで認知症の全てが治るのかと言われれば、未だ疑問が残る。
それは、さらに未知なる微細ウイルスが我々の脳細胞の変性要因となる危険性があるからだ。それ以外にも食生活の変化、アレルギー性疾患の増大なども認知症を起こす危険因子となるかもしれない。
つまり、医学の進歩と新しい疾患の出現は永遠のテーマなのだろう。
そして最後に言える事は、現時点における認知症の根本治療は「患者家族の大きな愛」であると、私は考えたい。それなくして認知症の治療は有り得ない。人間の本質が心と感情で支えられている限り、精神のバランスが崩れてしまった「認知症」患者に最も必要な物は「家族の愛」による心の安定感ではないだろうかと、思えてならないのだ。
浅学非才の私ごとき者が、この様な発言をした事を、お許し下さい。
2017.05.22.
    緑協和病院 成川 有一 著
なお次回作は6月2日よりブログ上に「想い出は風の彼方に」が掲載されます。【ー我が医師としての半生ー】が副題となります。
隔日ペースで掲載して行く予定でおりますが、仕事の都合上不定期になる日が出るかもしれません。ご容赦の程ねがいます。
つまづきながらも50数年間、悪戦苦闘で過ごして来た恥ずべき日々の物語です。実在する他人に与える影響を考え、6割以上がフィクション化されています。引き続きご愛読下されば幸いです。
関連記事

コメント