想い出は風の彼方に(11)

叔父は私の父に向き直り、
「浩司から大方の話は聞きました。弟の私がこんな事を言うのも出過ぎた真似(まね)かもしれませんし、兄貴にも色々と考えはあるでしょう。でも、浩司だって18才ですよ。一昔前なら元服を挙げていたっておかしくない年じゃあないですか。
それに、子供なんて所詮は親の思い通りに育つもんではないでしょう。兄貴だって、俺だって死んだ親父の意向とは全く違った人生を歩いているじゃあないですか。
本人が医学部を受験したいって言っているんだ、何が理由でそんな決意を固めたって良いじゃあないですか。それが動機で、この一年間は猛烈に勉強しているって話しなんでしょう。立派な事じゃあないですか、うちの中3の坊主なんか野球クラブに熱中して日曜だって家にいたためしがないんですよ。親の私が何を言ったって、プロ野球の選手になるって言ってばかりで勉強なんかしているのは見た事もないんだ。
それに比べ浩司なんか、この秋の校内模試で一番の成績だって言うじゃあないですか。大したもんだ」
父親が急にムッとした顔になって言い返した。元々が仲の良い兄弟なので、話に遠慮がない。
「校内模試で一番だって言ったって、あんな三流校じゃあ医学部に合格するもんか。それに浩司は昔から、むらっ気が多くてどんな事にも長続きしないんだ。医学部なんて大学だけで6年間もあって、それを卒業したって10年近い修業時代が続くって話しだ。そんな長丁場、浩司が忍耐出来るもんか、親の目にはとても無理だと思うよ」
私は自分の膝頭を震わせながら、
「お父さん、僕にもう一度だけチャンスを下さい。これまでの僕は確かに何をやっても長続きしませんでした。でも今度だけは何かが違うって気がしてならないんです。どうか、お願いです」
そう言って、父親に深々と頭を下げた。
「兄貴、浩司もここまで言っているんだ。俺からも頼むよ…な!」
父は仏頂面(ぶっちょうつら)をしながら、
「本当にお前は心の底から医学部に行きたいと言うのか。今までの様に決してあれこれ迷う事はないのだな」
「はい、必ず合格するまで脇目は振りません」
「よし、そこまで言うのなら許してやる。『一念岩をも徹す』ぐらいの意気込みを忘れずに頑張れ!」
と、言い残し席を立った。
その後は叔父と二人で父の部屋に行き、碁を打ち始めた。
これで第一関門は突破した。
年の暮からは正月も忘れ、勉学に励んだ。公立の過去問は何処も手強かった。国語以外の科目は規定時間以内に全問を解き明かせなかった。数学は規定の倍以上の時間をかけて8割の正解がやっとだった。英語も文法は何とか熟(こな)したが長文には手間がかかり、ミスも多かった。結局、現役合格は夢で終わった。4校の国公立を受けるも一校だけが一次試験を通過したに過ぎない。
父親は始めから分かっていたのか、不合格の結果には何も言わなかった。むしろ一校でも一次試験に合格したので驚いていた様だ。後で母から聞かされた話しである。
次回に続く
関連記事

コメント