想い出は風の彼方に(14)

父の条件は飲むしかなかった。夏休みの中だるみがなかったら、私も私立医大を受けさせて欲しいなどと云う甘えは出なかったろう。
だからと言って、もう一年また性根を据えて予備校生活を送るかと言われれば、そんな根性もない。そして年が明けて2月、私大の商学部は軽くクリアした。その10日後の比較的安全だと思えていた公立医大は一次試験しか受からなかった。入学手続には十分に時間的な余裕があったにもかかわらず
「お前が医学部に受かるはずがない」
と、父親は勝手に決め込んで私大商学部の入学手続きを済ませてしまった。母が少し父に噛み付いた。
「あんたは何故、そんなにせっかちなの、あと3日もすれば残りの私立医大の合否も出るじゃあない。それが駄目でも商学部の手続には2日も余裕があるんじゃないの?」
そんな母の食いかかる視線を父はピタリと抑えつけた。
「何を言っているんだ、私立医大と言っても36倍の競争率だ。わずか100名の募集に3600名もの受験生が群がっているのだ。
何時までも医学部に行きたいなどと云う夢想など追いかけず、全うな商人の道を歩ませる性根を叩き込むのだ」
私は恐る恐る父に言葉を返した。
「それでもお父さん、未だ3日もありますから…私立医大でも合格すれば行かせてはくれるのでしょう」
「うん、それは行かせてやる。
しかし、受かる訳はないよ。後3日だけ夢を見ているのはお前の勝手だがな…」
その最後の命綱とも言える私立医大合格発表の前日、私は一睡も出来なかった。合格発表時間は午前10時だったが、家の中で黙って待ち続ける気力もなく、9時には早くも大学構内にいた。
3月の寒い朝である。温かい缶コーヒーをオーバーコートのポケットに入れ、それで身体の寒さを凌(しの)いでいた。そんな時間にもかかわらず既に数十名の受験生が大学構内の中で待機していた。
9時半頃になると待機する受験生は数百名にも増えた。
10時10分前に大学の職員と覚しき男性2人が大きな模造紙を抱えながら、大学正面の掲示板に近づいて来た。待機していた受験生の全員が、その掲示板の前に走り寄っていった。私は逸早くその掲示板の前に立った。心臓が早鐘の様に鳴り出している。受験番号の早い順から合格番号が見えて来た。最初に飛び込んで来た番号は16番、次が28そして大きく飛んで96と数字が浮かび上がって来る。私の受験番号1321は、未だ先の方だったが一時も目は離せない。900番代ぐらいからは緊張のあまり逃げ出したくなる。そして1027、1294、1297、1301、次に行きなり1321の番号が飛び出して来た。一瞬そのまま見過ごしそうになる。
「1321番」私の…私の番号だ!
受験票と掲示板の番号を何度も見比べる。
「そうか、この運命は未だ私を見捨ててはいなかったのだ。これで医者への道が一歩近づいた。少なくても商学部に行く必要はなくなった」
歓喜と云うよりは安堵に近い感情が静かに私の身体を優しく包み込んでくれた。
次回に続く
関連記事

コメント