想い出は風の彼方に(25)

吉村が言う様に、綾子の料理の腕前は中々の物だった。じゃがいもの煮ころがし、細切りのきんぴらごぼう、刺身の盛り合わせ、味噌汁の味も良かった。成る程、今の高2の女の子で、ここまで料理の出来る子はいないだろう。彼等の母親も加わり、楽しい夕餉の時が流れた。雑談の合間に母親が、
「綾子が大学に行きたいって言うのよ。兄の徹夫が高校中退だと言うのに、その妹が大学に行くなんて…ちょっと悩んでしまうけど、浩司さんはどう思います?」
私は味噌汁をこぼしそうになりながら、辛うじて答えた。
「おばさんの悩みは尤もですが、吉村の意見はどうなの?」
「俺としては、綾子の希望通りにしてやりたいと思っているのさ。俺の場合は、偶々(たまたま)親父が病気で倒れてしまったので仕方なく家業を継いでしまったが、今は家も落ち着いて綾子を大学に行かせる事ぐらいは出来るよ」
同じ二十歳と言っても学生と社会人とでは、ここまで違うのだ。
改めて私は軽いショックを覚えた。未だ親から、あの手この手で小遣いをせびり勉強こそしてはいたものの、一方では飲み代(しろ)を捻出する事に汲々としている自分がいるのに、吉村のこの堂々たる妹への労わりは何だ!
恥ずかしさで身の竦(すく)む思いだ。医学部に合格したぐらいの事で何か有頂天になっていたのではないか、人間の価値とは何かを考えずにはいられなかった。
彼の母親がしみじみと語った。
「それでもね、徹夫が何か不憫に感じてしまうのよ。二十歳と言えば未だ遊びたい年頃なのに、殆んど一人で一家を支えているんだもの。自分は朝から晩まで働きづくめで妹は大学まで行かせようなんて、墓の下で亡くなったお父さんがこの子に手を合わせて感謝しているに違いないわ」
吉村は照れ笑いしながら、
「お母さん、何もそこまで大袈裟に考える事もないだろう。俺は大体が勉強なんか好きじゃあないのよ。酒瓶を担いでいるのが性に合っているのさ。それに比べ綾子は上の学校に行きたがっているだけじゃあないか!
お母さんが言う様な大仰な話ではないよ。夫々が好きな事を目指しているだけの事だ」
何と言う男振りだ!
自分はこの吉村の足元にも及ばないと、考えずにはいられなかった。しかし、これ以上湿っぽい話を続けていても仕方がないので私から話題を変えた。
「綾ちゃんが大学に行きたいのは素晴らしい事だと思うけど、具体的にはどんな方面に進みたいの?」
と、私から彼女に問い返した。
「未だ、そこまで突き詰めて考えてはいないんだけど、出来たら手に職を持ちたいの」
「獣医とか、歯医者さんとか、あるいは税理士とか言った資格が目的なの?」
「うん、未だ何かぼやっとしているんだけど…出来たら医療関係が良いかな!」
「それはお前の影響だと思うな」
と、横から吉村が口を挟んだ。綾子が幾らか恥ずかし気に…
「それは否定しないけど、でも人間の命に関わる仕事って少し魅力を感じるのは事実だわ」
「ふ~ん、そうなんだ。こんな俺で良ければ何か助言ぐらいなら惜しまないよ」
次回に続く
関連記事

コメント