想い出は風の彼方に(33)

綾子は、そんな浩司の独舌とも自戒とも言えぬ話を黙って聞いていた。慰める言葉もなく乱雑に散らかった本の後始末を黙々とするのみだった。何から手を付けたら良いのか分からない本の束の中から、やや大きめの茶封筒に入った数100枚に及ぶ原稿用紙が目に入った。茶封筒の表紙には「なおこ」と書かれてあった。
「なおこ」って、何だろうか。普通に考えて女性の名前だろう。浩司と、どんな関係のある女性なのか?
綾子は好奇心で胸が一杯になって来た。だからと言って、勝手に中身を覗く訳にも行かない。浩司も何時しか綾子の茶封筒に向ける視線に気づき始めた。
「その茶封筒が気になるのかい。僕が半年程前に書いた、愚にも付かない恋愛小説だよ」
「浩司さんて、小説も書くのですか。凄いですね」
「凄くも何ともないよ。小学生の文章に毛の生えた様なものだ。恥ずかしくて他人には、とても見せられたもんじゃない」
「浩司さんの恋愛体験ですか?」
綾子の瞳がキラリと輝いて、尋ねて来た。
「まあ、実体験が1~2割で後はフィックションだよ」
「うわぁ、読んでみたいな。浩司さんが書いた小説なんて非常に興味をそそるわ」
「そんな大した小説ではないよ。大体が綾ちゃんに読ませるなんて僕は恥ずかしくて嫌だよ」
「そんな意地悪を言わないで、お願いだから…ね!」
幾らか甘える様な口調で綾子は彼に迫った。浩司は少しムッとした感じで、
「今日ここへ来た目的は英語の勉強をする事がが目的で、僕の愚にも付かない小説を読むのが目的ではないだろう」
そう言われて綾子は一歩引いたが、それでも更に食いさがった。
「そんな恐い顔をしないで、私は日頃から尊敬する浩司さんが一体どんな小説を書いているのか興味を抱いただけよ。英語の勉強もちゃんとするから、その小説も読ませて…ねえ、お願い!」
「また、そんなお世辞を言って僕を丸め込もうとしても駄目だ。大体が自分で読み返しても、余りに稚拙な文章展開で、とても君に読んでもらえる様な内容ではないよ。クラスの同人誌仲間からも、散々に酷評されているんだから」
「まあ、浩司さんってワンダーフォーゲル部だけではなく、そんな同人誌もやっていたの。益々見直したわ。それじゃあ他にも幾つかの小説も書いているの?」
「確かに、何冊かの小説らしき物は書いているが、どれもこれも似たり寄ったりで下手くそなものばかりで、日記の延長みたいなものばかりだ。これから真面目に文章講座の通信教育を受けてみるつもりだから、来年ぐらいになったら綾子ちゃんにも読んでもらえる小説が書ける様になるかもしれないよ」
綾子はそれでも未だ自分の意志を貫き通そうとしていた。
「私は何も大文豪の小説を読みたいと思っている訳ではないの。浩司さんの現在の心の内面の一端を知りたいと思っているだけなの」
1階の台所から母の声が聞こえて来た。
「夕食の支度が出来たわよ。二人とも早く下りていらっしゃい」
次回に続く
関連記事

コメント