介護初心者の方への回答

先ずはアリセプトは至急に止めて下さい。アリセプト程の副作用ではないがレミニールも論外です。至急に止めて下さい。7~10日程で薬理作用は切れますから、元の状態に戻れます。基本的にアルツハイマー型認知症ではないのです、お母様は…
未だに日本中で大小の医療機関で、この様な誤診が多数認められます。とても悲しく思います。では、お母様の病気は何かと言うと恐らくレビー小体型認知症DLBかと思われます。このDLBの最大特徴は薬剤過敏症状です。ちょっとした花粉症の薬でも数日間は寝込んでしまいます。アリセプトの使用量も3mgが限界です。私は最初からアリセプトやレミニールなどの薬は出しませんが…さらにDLBの特徴としては幻覚、幻視そしてREM睡眠行動障害、自律神経失調症などが挙げられます。
アリセプトやレミニールの使用でDLBは確実に悪化します。本来的には医療訴訟になるケースですが、裁判で患者側が勝訴する可能性はゼロです。何故なら日本中の医者が同じ様な間違いを犯し続けているからです。現状でアルツハイマー型認知症は全認知症の10%前後と考えられます。
50%近くがDLBです。
日本認知症学会も、やっとDLBの発症が思った以上に多いとの認識を持ち始めました。一歩、厚労省に至っては未だアルツハイマー型認知が50%ぐらいの発生頻度であろうと言っていますので、多くの医者が安易にアリセプトを使う傾向が打破出来ないのです。認知症の基本治療は規則正しい生活と、脳トレー二ングなのです。薬物療法は補助的に使用するだけです。そしてご家族の発言ミスが認知症を確実に悪化させると云う現実です。認知症患者さんには出来る限り、褒め上げ人間性を尊重しなければいけません。行動や間違いを訂正してはいけないのです。
間違いが発生した時には、
「あれ、そうかな?」
ぐらいに留めなければいけません。頭から叱りつける事などは論外です。
個々の困った問題にはカウンセリングを通して、ご家族と話し合いながら解決して行く様にすべきだと考えています。取りあえず「脳トレー二ング」のサンプル例を付記します。
【脳トレーニング】
初級コース(記憶力のアップ)
2文字の単語を10個並べる。
くり、いす、はな、かき、なし
さる、とり、うみ、とら、うで
以上を2分間、音読で暗記する
そして次の2分間で書いてみる
8個以上暗記出来たら次に行く
初級中級コース
2文字と3文字の混合
すずめ、くま、かもめ、りす、さくら、かみ、とけい、ほん、さとう、ねこ
同じ様に2分間の音読で暗記
次の2分間で書いてみる
8個以上暗記出来たら次に行く
中級コース
3文字の単語を10個並べる
かめら、みみず、みかん、
いちご、つみき、からす、
ばなな、さくら、うちわ、
とんぼ
 
 中級上級コース
3文字の単語と4文字の混合
うちわ、すずむし、すいか、
よこはま、まくら、にんじん、ばなな、たけのこ、こりす、
しまうま、
上級コース
4文字の単語を10個並べる
まつたけ、やまいも、
かきのき、しんぞう、
ほんばこ、すいしゃ、
のこぎり、だいこん、
あおぞら、さざんか
 
初級コース(計算力のアップ)
12問を1分以内での練習
3+5=、8+9=、7+6=、4+8=
12+6=、17+9=、25+8=
7+13=、42+5=、8+16=
19+5=、6+23=
初級中級コース
12問を1分以内での練習
39+17=、21+18=、45+18=
52+14=、34+13=、61+42=
76+21=、46+17=、19+15=
43+18=、13+42=、56+37=
中級コース
12問を100秒以内での練習
57-6=、23-8=、45-7=
42+26=、36-9=、38+45=
65-11=、48+15=、37+61=
84-13=、72+13=、69-21=
中級上級コース
12問を100秒以内での練習
13×3=、16×4=、18×3=
21×2=、17×3=、22×4=
31×3=、15×4=、12×5=
8×11=、19×2=、23×3=
上級コース
12問を100秒以内での練習
33÷3=、21÷7=、45÷9=
44÷4=、63÷9=、18÷9=
55÷11=、81÷9=、15÷5=
72÷8=、48÷4=、66÷3=
以上ですが、アリセプトの使用は止めて下さい。その他のイクセロンパッチなどのアリセプトに類似した薬剤は使用しないで下さい。
【ご質問】
成川様
初めて投稿いたします。
要領を得ない長文で失礼になるかもしれませんが、ご多忙のなか、お時間いただければありがたく存じます。
最近、80後半の母親を認知症専門医に受診させましたが、アリセプト投与後、診察前の状態より悪化し、何とか解決できないかとネットを彷徨っていたところ、こちらのブログに辿り着きました。
一昨晩からのっぴきならない状況になり週末ということもあり、藁をも縋る思いで投稿致します。
MCIテストおよびMRI画像診断にてアルツハイマー病との前提で、アリセプト3mgを2週間、5mgを2週間処方されました。
投与後数日で、就寝中にけいれんのような動作および大声で叫ぶ状態が発生し、体をかきむしるようになりました。
投与を自主的に中断、担当医に相談しましたが、副作用は考えにくいとの診断で再開いたしました。
しかし数日で同様以上(例えば着ているものを脱ぎ全裸になる)の状態が発生しましたので、再度相談したところ
レミニール4mg×2錠/日に変更されました。
但し、後述する血小板減少の懸念から、レミニールに変更しても悪化するおそれがありやしないかと疑心暗鬼になり
皮膚科の診断をまってから服用しようとまだ服用を開始いたしておりません。
(このように勝手に服用を中断していると医者のことを信用しない疑り深い人間のように思われるでしょうが、結構衝撃的に変貌した母を見て、慎重にならざるを得ない心情をご理解いただければと思います)
一昨日になり昼寝時及び就寝時に丁度1時間過ぎた頃から体のいたるところを掻き毟るようになり、
その度合いが尋常ならざる様子となりました。
ひどい時には数分間同じところを爪を立てて掻き毟るため、上腕や手首などは全体が真っ赤に腫れ上がり擦過傷ができました。
無理やり掻こうとする手を止めようとすると、
これまた日常では考えられないような強い力で
振りほどこうとし、挙句は叩くといった暴力的な行動となる始末です。
もはや止めるすべがない状態で、見た目にも痛々しく何ともかわいそうでなりません。
昨晩も同様な状態です。
また、掻き毟りとは別に、左右の二の腕と首筋に湿疹が発生しました。
アリセプトの副作用情報に血小板の減少という記述があり、もしやそれが原因で発疹したのではと疑念が生じ週明けに皮膚科に伺い、擦過傷の緊急的な処置とともにその点に関しても血液検査をお願いして調べていただけないかと考えております。
それ以外にも、ここ数日やたら鼻水や流涎も気になります。
母の状態は、素人判断ではレム睡眠障害にあたるのではないか、
また先生の分類ではレビー・ピックコンプレックスにも該当するのではないかという気がしております。
この点は認知症担当医に投げかけてみなければならないと思っています。
仮にアリセプトによる副作用で今回の状況が発生した場合、
中止から相応の時間がたてばこのような睡眠障害がおさまる可能性はあるのでしょうか?
それとも、もはや引き返せない状況になってしまったと覚悟をきめなければならないでしょうか?
引き返せない場合、やはり適合する薬に巡り合うまで色々投薬するしかないのでしょうか?
アリセプトを服用するまでは、高血圧以外はこれといった病気もなく日常生活を介助が必要なだけで平穏に送れていたのが急激に困難な状況に変わってしまったため、よかれと思って診断させたとはいえ、自らを責める日々です。
何かご教示いただけると幸甚です。
関連記事

コメント