想い出は風の彼方に(60)

3月中旬の日曜、二人は新宿から小田急で箱根湯本駅まで行き、そこからはレンタカーで芦ノ湖にある旅館に向かった。昼近く芦ノ湖に着き食事を取る。そして遊覧船に乗る。春の風は未だ冷たい。しかし、二人は幸福に満ちていた。旅の醍醐味は、風景や食事よりもパートナーにある。
握り合った手の温もりを感じながらの旅行は、正に夢の世界である。
「私達って新婚さんに見えるのかしら!」
燥(はしゃ)ぐ様な弾んだ声で綾子が、浩司の耳許に囁いた。
浩司は胸の中で呟(つぶや)いた。
「新婚さんか?…いや、新婚さんではないだろう。恋人同士じゃあないかな。でも新婚さんと恋人同士って、どう違うのだろうか?」
妙な疑問に浩司は襲われた。
恋人同士と云うのは、ともかく会っていて嬉しい。そばに近づくと、ドキドキする。ずっと抱きしめていたい。でも生活の実態がない。今月の生活費を心配する恋人同士なんてあまり聞かない。
一方の新婚さんは、どうであろうか?…これは新しい形態の生活の始まりなんだ。足を地に付けた二人で築いて行く人生のスタートだ。当然の如く光熱費や食材の計算も念頭に置かなければならない。
どちらもラブ・ラブで良いが、人生設計の生活を基盤を意識するのが新婚さんであろう。そんな事を浩司は漠然と考えていた。
綾子が甘える様に聞いて来た。
「いま何を考えていたの?」
「なにね、僕等はやはり恋人同士だろうってね。どう見たって新婚さんには見られないよ」
「あら、どうして?」
「だって、どう見たって君は10代だよ。新婚さんにしては若すぎるだろう」
「そうか、それもそうね。でも、どっちだって良いわ。浩ちゃんと二人だけで旅行出来るだけで、とても幸せな気分だわ」
そう言って、綾子は浩司に寄り沿って来た。遊覧船から下りて二人は旅館に向かった。余りに若い二人を見て仲居が少し驚いた顔をした。
10畳一間の部屋に通され、宿帳が出された。そこに浩司は、篠木浩司、篠木綾子と記した。綾子はそれを横目で見て、
「ヘッヘェ、とうとう浩ちゃんの奥さんになっちゃったんだ」
と言って、笑った。
「何だ、嫌なのか?」
「馬鹿ね、嫌な訳がないじゃあない」
そう言うなり、綾子は浩司に唇を重ねて来た。浩司もそれに応えるかの様に、綾子に覆い被さった。そこに仲居が襖を開け始めた。二人は急ぎ身体を離した。仲居はクスクス笑って、
「仲の宜しい事で…」
と、少し冷やかした。綾子は頬を紅くした。夕食は7時からと言う事で、未だ2時間近くもあった。仲居が居なくなって、綾子は部屋の鍵をかけた。二人一緒に風呂に入る事にした。始めのうち綾子は恥ずかしがっていたが、浩司に続いて入って来た。二人は互いの背中を流し合った。
湯船の中で綾子の乳房を愛撫している間に、浩司の男が抑制出来なくなって来た。そのまま1度目の欲望を果たしてしまった。
次回に続く
関連記事