想い出は風の彼方に(66)

「初めての時は、そんな物は付けたくないと言ったじゃあないか?」
と、やや不満気に浩司が尋ねた。
綾子は愛(あや)す様に言った。
「それはね、浩ちゃんも私も未だ純潔だったでしょう。だから赤ちゃんが生まれる危険性があっても、あの時は何も付けない素肌で向かい合いたかったの。私の中では純粋なセレモニーだったのよ。でも日常的な生活の中では、お帽子くんは必要でしょう」
そんなものかと思ってみたが、彼女の言葉には従った。確かに学生の分際で、赤ん坊など育てられる訳がない。部活は愚か、医師の国家試験だって合格出来なくなるかもしれない。
そんな事を曖昧に考えながらも、強い欲望は抑え難かった。綾子も、その行為自体を否定している訳ではなかった。ともかく思考より行為が優先した。こんな所まで来て唇を合わせるぐらいで帰れる訳がない。そして本能の赴くままに二人は抱き合った。一度、肌を許し合った若い男女と云うものは、それ以降は会う度に欲望に任せたまま身を燃やし続けるしかない。
特に男はその傾向が強い。数度その様な行為が続くと、後は自分の所有物の様に錯覚する事が多かった。少なくても1970年代前半までは、その様な思考形態が許された。つまり男尊女卑の残り火が微かに存在していたのである。処女性や貞操観念と云う言葉も未だ生きていた。
新学期が始まり、浩司は大学4年に、綾子は入学式を迎えた。医学部も専門課程2年となると解剖学や生化学は終了し、薬理学や内科診断学などが入って来る。医学部の専門課程は何もかも暗記して行くばかりだ。通常の大学と比べ、思考形態を育成して行くと云うよりは、ともかく暗記から始まって暗記に終わる。だから記憶力の弱い者は医学部では脱落して行くケースが多い。
5年生の夏休み、浩司は部活の友人の父親が経営する精神病院に案内された。初めて訪れる精神病院に彼は前日から興奮しきっていた。夏合宿が終わった8月下旬の事である。
期待に胸を弾ませながら、精神分析や催眠療法が実際にはどの様に行なわれるのかを夢見ていた。当日の午後2時、福生駅の改札口で友人と待ち合わせをする。駅からバスで15分程の所に、その病院はあった。木造2階建の安普請であったが、ドアだけは鉄格子だった。
妙に違和感のある建物の外見だけで、浩司は早くも尻込みをした。何か収容所を想像させる様な建物だ。
「これが病院か?」
浩司は胸の中で思わず叫んだ。
この当時、日本全体が未だ貧しかった。産院なども掘建て小屋に毛の生えたような施設が多かった。エアコンが置いである家庭も少なかった。大学病院でも特室以外はエアコンがなく、夏場には暑さの中で亡くなる患者さんも数多くいた。看護勤務室も扇風機が一般的だった。そんな時代の話である。
次回に続く
関連記事

コメント