想い出は風の彼方に(110)

バブル経済の意味そのものが医者である浩司には、殆ど理解出来なかった。元来研究熱心な浩司は市民図書館に行って「バブル経済の歴史」について調べてみた。
歴史的に有名なものは何と言っても、オランダの「チューリップのバブル」である。1634年ごろ始まった伝えられるチューリップへの愛好家たちの過熱ぶりは、今日の私たちには理解を超えた異常さで、高級品種の球根が1千坪近くの邸宅と交換が出来る程に狂乱して行った。時価にすれば何億円もの値段が付いた事になる。それが1637年2月には球根の値段は暴落して誰も買わなくなってしまった。
次に有名なものは南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん、英語: South Sea Bubble)で、1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった投機ブームによる株価の急騰と暴落、およびそれに続く混乱である。わずか数ヶ月の間に株価が10倍にも高騰した。貴族・ブルジョワジー・庶民の階層を問わず株についての十分な知識もない人々がこぞって投機熱にのぼせ、空前絶後の投機ブームが起こり、その後は地獄の様な暴落が起きた。
さらに1840年代にイギリスで発生した鉄道への投資熱はバブル鉄道狂時代(てつどうきょうじだい)と呼ばれ、不可避の大暴落を迎えた。人間の歴史が幾度も誤ちを繰り返すのがバブル経済の歴史とも言える。
この後は日本でも『ウサギバブル』(1872年(明治5年) - 1879年(明治12年))が発生した。 軍需の為の食肉毛皮需要によるウサギ飼育ブームが生じて愛玩用に耳の長い外国種のウサギなどがもてはやされた。1872年に在来と外国の混血から生まれた更紗模様のある種雄は 200–600円 (現在の価値で約190-560万円) で売られ、種付けは 2–3円 (同19000-28000円) /回であった。子ウサギはコロと呼ばれ10円 (同90万円) 以上の値が付いた。
この流行はウサギ・バブルと呼ばれる事になった。空前のウサギ・ブームにより、販売や飼育に手を出して破産する者、珍しい高値の毛色に見せかけるために白毛の色を柿色に染めるなどして金儲けする詐欺、ウサギの売却価格をめぐる親子間の殺人事件などが起こり、社会問題にまで発展した。常軌を逸した熱狂を抑えるべく、行政は取り締まりを強化した。
これ以外にも第一次世界大戦の戦争景気によるバブル(日本)など、枚挙に暇がない。
ここまで調べ上げて、浩司は改めてバブルの恐ろしさを知った。現在がそのバブル時代であると言う父親の話は、妙に説得力があった。
それはそれとして、老朽化した現在の病院をどうするかである。外壁は所々が剥げ落ち、病室内の壁紙の汚れも目立っている。廊下は木材使用なので歩く度に軋みが響いて夜になると、お化けでも出る様な錯覚に陥る。これでは若い人の入院はおろか、高齢者でも富裕層の入院は望めない。そんな事情もあって、入院患者の多くは生活保護者で占められてしまう。しかし、生活保護の患者が多くなると医師や看護婦の緊張感がどうしても落ちて来る。そこが問題なのだと、浩司は悩んでいた。
次回に続く

一成さんへの回答

確かに「脳トレ」も、程々にしないとお母様への精神的負担となるのは事実でしょう。あくまでもゲーム感覚が重要ですし、常に賞賛する事を忘れてはいけません。また同じ様な「脳トレ」を繰り返していますと、飽きて来ると思いますので今日は別の「脳トレ」も紹介しましょう。ご参考になれば幸いです。

1-14.jpeg

1-13.jpeg

1-12.jpeg

1-11.jpeg

1-10.jpeg

1-09.jpeg

1-08.jpeg

1-07.jpeg

1-06.jpeg

1-05.jpeg

1-04.jpeg

1-03.jpeg

1-02.jpeg

1-01.jpeg

2-15.jpeg

2-14.jpeg

2-13.jpeg

2-12.jpeg

2-11.jpeg

2-10.jpeg

2-09.jpeg

2-08.jpeg

2-07.jpeg

2-06.jpeg

2-05.jpeg

2-04.jpeg

2-03.jpeg

2-02.jpeg

2-01.jpeg














想い出は風の彼方に(109)

浩司は綾子の腹部を愛おし気にさすりながら、話を続けた。
「確かに、この何億円と云う借入れは大きな賭けである事に違いない。けれど賭けと言っても成功する確率が90%以上ある。この数年間、病院経営のノウハウを学んで来たが日本の高齢者は増える一方だ。東京近郊の病院は何処も患者で溢れている。特に高齢者は入る病院が限られていて、あちらこちらの病院をたらい回しにされているのが現状だ。5億や6億の借金を返すのは、そんなに困難ではないだろう。事実この6年で6億円の借金を2億円にまで減らして来たんだ。自分なりに病院経営の実戦を積んで来たつもりでいる。このお腹の子供の為にも、綾子が考えている様な危険な橋は渡らないから心配するな」
「本当に大丈夫なのね。私は安心して自分と子供の事だけを考えていれば良いのね…万が一と云う事もないのね」
「そりゃ100%確実なんてものは世の中に存在しないだろう。存在するとすれば人間は何時か必ず死んでゆくものだと云う事ぐらいだ。人間だけではないけどね、生物全体に言える事だが…何か綾子と話していると、マタニティブルーの女性と果てしなき会話を続けている気分になってしまうな」
「そんな事はないわ。今だって十分に幸せだから、あなたの様に大きな望みを抱く事に不安を感じてしまうの。女の私は、あなたと違って基本的には保守的なものよ。今だって普通のサラリーマンの人の何倍もの給料を頂いているんだし…何の不足もないわ」
「もちろん病院の経営に成功したら、今以上の収入が得られる事は間違いないけど…だからと言ってお金が欲しいだけで病院経営に乗り出そうとしている訳でもない。これは自分の夢を実現したいと云う思いなんだよ」
「そうなんでしょうね。それなら私はあなたに付いて行くだけしかないわ」
「綾子、ありがとう。君と子供たちの為に精一杯に頑張る。そして自分の夢の実現の為に…」
しかし1990年、日本はバブルの頂点に差し掛かっていた。証券会社の営業マンなど40代で年収2千万円以上の人間が続出した。製薬会社などでも30代で年収1千万円以上が多かった。病院の建築費用も坪単価が60万円から70万円そして80万円と、その高騰ぶりは際限がなかった。当初予算は1200坪の建て替えで7億円ぐらいを見ていた。それが一年間の設計計画が立った頃には建築業者が出して来た見積もり額は10億円を超えていた。
浩司は思い余って、自分の父親に相談した。
「浩司、今は止めた方が良い。日本経済は完全にバブル化している。土地の値段も建築費用も狂乱物価だ。特に、この数年は異常だ。今は何も買ってはいけない、何も建て替えてはいけない。後4~5年もすれば土地の値段も暴落するだろう。それに伴い建築費用も間違いなく半減する。ともかく、ここは我慢時だ」
「じゃあ老朽化した病院建物の増改築はどうすれば良いんですか?」
「それを考えるのが病院長のお前の役目だろう」
彼の父親は冷たく突き放した。
次回に続く

高橋正和さんへの回答

至急と言われますと、少し返答に困りますが…
一般的には認知症の便秘対策に、便秘薬や下剤がよく用いられています。しかし、便秘薬や下剤は、激しい腹痛を伴うこともあります。この激しい腹痛は、認知症の人にとっては、反って、自己の危機感を強くすることもあり、周辺症状が、むしろ悪化することもあります。また、便秘薬や下剤を常用しますと、次第に、それらの効果が減弱化するという欠点もあります。さらに、便秘薬や下剤には、敗血症の原因となる大腸内に生息する大腸菌などの悪玉菌を除菌する作用はありません。このように、認知症の便秘対策に、便秘薬や下剤の使用は最適であるとはいえないことになります。
認知症の便秘対策には、便秘の解消のみならず、便秘の予防効果や大腸菌などの悪玉菌を減らし、腸内環境を整えることが求められます。また、長期に使用することができるという点も重要となります。イヌリン食物繊維は、これら認知症の便秘対策で求められる全ての要件を満たす最適な便秘対策のツールとなります。イヌリン食物繊維は、ニンニク、ゴボウ、アスパラなどに含まれる水溶性の食物繊維で、他の食物繊維とは異なり、膨じゅん化(ゲル化)しない特徴を有する食物繊維です。イヌリン食物繊維は、水によく溶け、大腸に生息するビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の栄養源となって、それら善玉菌を効果的に増やします。腸内に生息する腸内細菌の数は一定ですので、ビフィズス菌などの善玉菌が増えれば、相対的に大腸菌などの悪玉菌は減少し、腸内環境は改善され、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染のリスクが低下します。すなわち、イヌリン食物繊維は、認知症の死亡原因となる尿路感染による敗血症の予防対策につながることになります。また、ビフィズス菌や乳酸菌は、イヌリン食物繊維を代謝させた時に副産物として、酢酸、乳酸、酪酸などの有機酸を分泌させますが、これらの有機酸には、便を軟らかくする効果があり、それにより、便秘が解消されます。また、イヌリン食物繊維は、膨じゅん化しない食物繊維ですので、腹部膨満感や腹痛を伴わない特徴があり、認知症の人に違和感を与えない利点からも、認知症の便秘対策には最適であるといえます。今では、スティムフローラのように、不純物を含まない極めて高純度のイヌリン食物繊維が、健康補助食品として市販されています。認知症に伴う便秘の予防と改善に、このような健康補助食品を活用することも有用です。
認知症を根治させるお薬や治療法は、未だ確立されておりません。しかし、有効な便秘対策を講じることによって、介護の障害となる認知症の周辺症状を軽減させことができます。認知症の介護で大切なことは、認知症の人から自らの恐怖感や危機感を取り除いてやることです。便秘は、認知症の人の危機感や恐怖感を与える重要な要因となっています。
それらの対処法としては、一つの参考に水溶性食物繊維・サプリメント スティムフローラ -Stimflora -が、お勧めです。
貴重な天然成分イヌリン食物繊維99.5%のプレバイオティク・水溶性食物繊維サプリメントです。
タブレットタイプですので、水に溶かさず、そのままお召し上がりいただけます。もし、宜しければ一度お試し下さい。それ以外にも個々の症状に合わせた漢方薬(大建中湯とは違った)の組み合わせによる便秘対策もあります。
      【ご質問】
私はレビー小体型認知症の初期と診断され便秘がひどく苦しい状況です。レビー小体型認知症には便秘などの自律神経障害があるといわれていますが、即効性のある対策を教えてください。日ごろの運動等の対策や決まった時間での排便などはわかりますが至急排便したいのですが対策を教えてください。

想い出は風の彼方に(108)

綾子には、まるで浩司の話が意味不明だった。無一文になって親子3人がどうやって生活出来ると言うのだ。夫の平然としている姿が奇妙にしか映らなかった。そんな綾子の視線に気づいた浩司は、ゆっくりと彼女に話して聞かせた。
「先ず僕は僕なりに老人医療の有り方を模索している」
浩司は俺と云う言い方から急に僕と言い出した。如何に妻と雖(いえど)も、対人間として話し出す場合には僕と云う言葉が適切であると感じたのだ。
「これまで幾つもの老人病院を見て回ったが、その実態は極めてお粗末だった。精神病院の多くが老人病院へと様変わりしているのだ。何故なら精神病院に比べ老人病院の方が経営効率が良いからだ。そして医療運営そのものが経営中心で、真に良心的な医療を行うと云う発想が余りに乏しい。
その良い例として精神分裂病の患者が亡くなっても家族は喜ぶ場合が多い。それと同じ様に、ボケ老人が亡くなっても家族は悲しんだりする事が少ないのだ。つまり、一般病院に比べ医療に対する緊張感が足りない様な気がしてならない。そんな多くの老人病院を見て僕は、真に良心的な医療とは何かを考え始めたのだ」
「良心的な医療って何…?」
「それは高齢であると云う理由だけで、医療の質を落としてはならない事が第一だ。そして人間性への尊厳を忘れない事が二番目だ。
不必要な延命治療は避けるべきだし、逆に如何に高齢とは言え、強く生きたいと願う人には精一杯の治療を行うと云う事かな…」
「ふ~ん、成る程ね。確かに、あなたの言う良心的な医療ってものは私にも分かるわ。でも私は女だから、その理想を追求する為に家族を犠牲にして無一文になる危険性のある話には賛成出来ないわ。ご免ね、無理解な妻で…」
「いや、良いんだ。綾子の言っている事は当然だよ。しかし、世の中には常に抜け道ってものがあるんだ。ただ子供の様に理想に向かって突き進むと云う訳ではないのだ。そこは自分の退路を確保して、家族の安全も十分に考えて人生設計を立て直して行くのが妻子を持った男のする事だろう」
「そこまで、あなたが仰るなら私はただ従うだけです。でもこれだけは忘れないでね。私のお腹にはあなたの二番目の赤ちゃんがいるって事を…」
浩司は一瞬言葉に詰まり、
「えっ、妊娠しているのか?…いつ分かったのだ」
「そうなの、数日前から体調が良くないので今朝になって産婦人科に行ってみたの。そしたらオメデタですって…」
「綾子、それはすごい。やっと俺たちも二人の子供に恵まれるんだな。それで余計に安全な道を歩いて行きたいと言うのか。それも又、子供を持つた女の主張としては当然過ぎる話だ。でも安心してくれ、俺は自分の理想の為に妻子を見捨てるなんて事は絶対にあり得ない。家計の破滅を回避しながら、ギリギリ自己の理想を追求して行けるか、あれこれ考え悩んでいるのだ」
綾子が妊娠したと聞かされ、浩司は何時の間にか自分を俺と言い始めた。彼の心も動揺していたのだろう。
次回に続く

想い出は風の彼方に(107)

井沢の提案した大学病院のサテライト問題は、何時の間にか立ち消えになってしまった。ベッド数100床前後の老人病院が大学の関連病院になるなんて事が、基本的には無理な話だったのだ。教授会にかけられる以前に医局長会議で否決されてしまった。浩司のさくら町病院での出張期間も一年から二年そして更に制限なしの有耶無耶(うやむや)の状態におかれてしまった。井沢は医局長を5年間務め上げて郷里の長野に戻り開業してしまった。浩司には何の連絡もなしに…
こうして浩司は半ば孤立無援で病院経営の実質を担う立場に追い込まれた。浩司が42の年には累積赤字が2億円にまで減った。しかし、病院自体の老朽化が目立ち新たな増改築を立案しないと病院の存続が困難になって来た。75才になった事務長は、
「もう私の力では無理です。これから借り入れを新しく起こして病院の増改築をするかの判断は篠木先生に任せます」
と、力なく言って来た。浩司は悩みに悩んだ。妻の綾子にも相談した。彼女は真っ向から反対だった。
「何故、あなたがそんな苦労をするの?…これまでだって、さくら町病院の為には苦労のし続けじゃあないの。この上、あなたが何億円もの借金を背負って病院の再構築をする理由が何処にあるの?」
「綾子、それは考え違いだ。借金を背負うと云うのは自分の病院を立て直すと云う事だ」
「どういう意味なの?」
「綾子には言ってなかったが、俺は今や病院の理事長になっているんだ。つまり経営責任は取らされる立場にいるんだよ」
「そんな大事な話を今まで何故してくれなかったの!」
「だって病院長を引き受けた話はしただろう」
「それは聞いたけど、でも理事長なんて話は初めて聞くわ…」
「そうかな…?」
「そうよ、聞いていないわ。それに今の病院だって1、2年の出張だって言ってなかった…!」
「まあ確かにそうだったが、事の成り行きで病院長も引き受けてしまったし…」
「そうよ、あなたは人が良すぎるから深みにはまってしまうのよ」
「まあ、そう言うな。俺にも何処か山っ気があった結果だよ」
「でも私は、あなたが真摯に医療にだけ集中している姿が好きよ」
「綾子、そうやって俺をいじめるな。一度、乗りかかった船だ。今更、逃げる訳には行かないんだ」
「でも何億円もの借金をして、それは誰が返すの?」
「それは医療法人のさくら町病院が返すに決まっているだろう」
「その医療法人が返せなくなったら、誰が責任を取るの?」
「それは理事長の俺が責任を取る事になるだろうな…」
「そうでしょう、結局あなたが巻き込まれるんじゃないの」
「でも、そうなったからと言って俺たち家族が路頭に迷う事はないから心配するな」
「何故そんな事を言い切れるの?」
「理事長の責任として俺は、全財産を没収されるだろう。預金も家も全てはゼロになるが、ただそれだけだ。つまり破産宣告すれば話は終わるのさ…」
「無一文になるって事なのね」
「そう無一文になるだけだ」
浩司は平然と答えた。
次回に続く

想い出は風の彼方に(106)

こうして浩司は37才の春から小金井にある「さくら町病院」の常勤医になった。午前中の外来は副院長が担当だったが、浩司が全面的に診察する事にした。副院長の外来は先細りで1日に5~6名も来れば良い方だった。病院の表玄関は外来にあると浩司は確信していたので、何としても外来患者を増やしたかった。井沢の世話で消化器と心エコーを担当してくれるパート医は紹介してもらった。これで外来体制は何とか整った。浩司の専門は血液内科であったが、市民病院で2年半も一般内科として多彩な患者を熟(こな)していたので、総合内科としての自信もあった。外来患者数も10名から20名へと半年程で増えて来た。入院患者も50名は浩司が一人で受け持った。多くは慢性疾患だったので毎日の回診は不要であった。これは市民病院の結核病棟で得た回診方法である。市民病院では15名の一般患者と30名の結核患者を担当させられたが、毎日の診察を要する一般患者に比べ、30名の結核患者は週に一回の回診で済んだ。もちろん結核病棟でも急変する患者が出る事もあったが、基本的には定期の診察だけで事は足りた。
医師の問題もさる事ながら、看護婦不足は緊急の課題だった。115床のベッドが60床しか稼働出来ないのでは赤字経営からは逃れられない。事務課長の木村に浩司は秋田、青森、九州方面の高校、看護学校を回って顔つなぎをする様に指示した。自分でも大学を中心に知り合いの看護婦に片っ端から電話をかけたり、食事に誘い出したりして常勤になる様にと口説き落とす事に専念した。先輩の井沢はパート医師だけは何とか手配してくれたが看護婦の支援までには手が回らなかった。浩司の誘いかけで3ヶ月の間に大学から2人、かつての市中病院から1人、それ以外のバイト先から2人と計5人の看護婦を確保した。さらに新聞の折り込み広告から3人の応募があった。
これでベッド数は何とか100床まで稼働出来た。
こうして浩司が、さくら町病院の常勤医となって一年が経った。病院長のポジションを何時までも空席にはしておけないので、仕方なく浩司が病院長になった。本来は副院長が院長職を務めるべきだが、彼は71才と云う高齢を理由に固辞した。副院長の月給が80万円で、浩司の院長職が110万円の契約だった。しかし、病院の累積赤字は5億円にもなっており浩司は60万円だけを辛うじて受け取った。債務超過の5億円は、前院長の弟である事務長が連帯保証人となって負っていた。
浩司が、さくら町病院の常勤医になって3年目ぐらいから病院の累積赤字は少しずつ減り始めた。
常勤医も二人増えたので、副院長には円満退職を願った。退職金は700万円で許してもらった。25年も務めてくれたが、それ以上は副院長に払う余裕がなかった。彼も経営責任の一端を感じていたらしく、その金額で納得した。
ベッド稼働率は110床前後でフル回転に近くなり、外来は午後も開け1日に100名前後にまで増えて来た。浩司も何とか週に1日は休日が取れる様になって来た。
ともかく何も考えなかった。ただ働いた。実働時間は1日に12時間以上だった。何の為にこんなに働いているのかも分からなかった。
それでも毎日の夢の中では大学病院時代の医局生活を思い出していた。出来るなら何時でも大学に戻りたいと、何処かで願っていたのだろう。
次回に続く

想い出は風の彼方に(105)

翌月から浩司は小金井の病院のバイトに行き出した。先輩の井沢の顔を立てての事だが、ともかくバイトでも確定した医師の体制を整理しなければ、医師が不在の時間帯が生じてしまうので、井沢と協力して7人の同僚医師を何とか集めた。外来は午前診だけに絞り、副院長が担当した。
それやこれやで数ヶ月間は、何とか形だけは病院を運営していた。
医療法人の許可ベッド数は115床だが、看護婦不足もあって60床を回して行くのが精一杯だった。小金井の病院に浩司が肩入れして半年、浩司は平日の半日を週3回と、週2回の夜勤当直を担当するまでに、この病院にのめり込んでいた。
先輩の井沢は4月から講師となって、沢近の後を継いで内科医局長に推された。こうなると井沢の動きも少し不自由になり、小金井の病院から少しづつ手を引き始めた。4月半ば、桜の花もすっかり散ってしまった頃になって浩司は井沢に愚痴った。
「先生、狡(ずる)いじゃあないですか。小金井の病院はどうするんですか、僕一人ではどうにもならないでしょう」
井沢は言い訳の様に
「だって沢近先生が福島で開業なさって、俺がその後任で医局長になってしまったんだから仕方がないだろう。その代わり医局長権限で篠木を小金井の病院に一年間出張扱いにすると云うのはどうだ」
「あんな病院が大学の関連病院として認められるのですか?」
「そこはアイディア次第で、どうにかなるさ!」
「どんなアイディアですか?」
「これからは高齢者が増える一方だろう。だから高齢者専門病棟みたいな位置付けで、サテライト病院としての申請をしてみるんだ」
「そんな風に上手く行きますかね…?」
「大丈夫だ、俺が何とかしてみせるさ。それが成功すれば医者は幾らでも送りこめるさ…それまでの辛抱だ」
「嫌ですよ、僕一人が小金井で孤立無援なんてのは…」
「孤立無援って事はないだろう。今でも副院長がいるだろう」
「また、そんな白々しい事を…あの先生はCTもエコーも分かりませんから、結局は僕が何もかも一人でやるしかないんですよ」
「まあ、そう言うな。少なくてもバイトの医師はいるんだし…ともかく早い内に人員は差し向けるから」
「約束して下さいよ、僕一人では無理なんですから…」
「分かった、分かった、ほんの一時の我慢だ」
「もう、井沢先輩にかかったら結局は言い負かされてしまう。それで何時から行くんですか?」
「急な事で申し訳ないんだが、5月1日付けで頼む」
「そんなに早くですか、後10日余りですか!」
「まあ、遠隔地に行くと言う訳でもないし、今でもバイトで行ってるじゃあないか。先日、向こうの事務長から頼まれたんだ。バイトの先生だけでは、この先どう見たって病院が立ち行かなくなるのは時間の問題だと…それに事務長も看護婦達も皆んなが篠木の事を一番気に入っているんだ」
「また、そんな風に煽てて僕を誑(たぶら)かそうとしているんでしょう」
「そんな誑かすなんて、人聞きの悪い事を…俺の話は全て真実だ」
「分かりました、先輩のご指示に従います」
次回に続く