認知症の質問を受けつけます。

 これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳血管性認知症(VD)と、これまで老人性認知症と言われていた病状は次のように分類されています。つまり、アルツハイマー型認知症(ATD)、ピック病もしくは前頭側頭型認知症(FTD)、さらにレビー小体型認知症(DLB)と言われているものに大別されます。
これからも時代の進展とともに認知症の病型はさらに細分化されていくと思いますが、現時点では上記の病型分類で事は足りると思います。診断と治療法は未だ十分には確立されてはおらず、専門医の間でも、かなり意見は別れています。それでも私たち臨床医は学会文献にのみ、とらわれず日々の診療を通じて、その指針とすべきものは患者さまの訴えや、ご家族さまの介護苦労や時に医療不信にも出来る限り何かしらの道しるべを一緒に見出せないものかと考えて、このBlogを立ち上げました。

 それでは、これからBlogで頻回に使われる用語の説明をします。

(1) アルツハイマーのピック化
アルツハイマー型認知症にピック病 (前頭側頭型認知症)の合併した病状で物忘れが中核症状のアルツハイマーに加え、暴言妄想が中核のピック病が合併した症状をピック化と言います。
(2) アルツハイマーのレビー化
アルツハイマー型認知症にレビー小体型認知症が合併した病状で、物忘れに加え幻覚やうつ症状さらにパーキンソン症状が付け加わった病状です。
(3) レビー・ピックコンプレックス
レビー小体型認知症にピック病の合併した病状で暴言妄想に加えパーキンソ症状さらに薬剤過敏症状(風邪薬でもアレルギー症状が強く出る、これがレビー小体型認知症の特徴の一つ)や睡眠障害(REM睡眠障害)等が見られる病状です。
(4) その他
脳血管障害にアルツハイマーの合併や、脳血管障害にピック病もしくはレビー小体型認知症の合併とか、ともかく一口に認知症と言っても、その病型は複雑多岐にわたり私たち臨床医を悩ませているのです。
 
 以上、簡単な説明ではありますが、より詳細な事はご質問にて承ります。
それでは皆さま方のご質問、アドバイス、その他叱責等も多数頂けます事を希望して止みません。

これまでに寄せられたご質問をまとめております。
左のカテゴリよりご覧下さい。



☆こちらに記載されていた脳内ホルモン性格テストは、脳内ホルモンのカテゴリに入っています。





ご質問と回答

新しいウイルスと闘う人類


診察室からコンニチハ

新しいウイルスと闘う人類(36)

コロナウイルス騒ぎは、しばらくすると小休止となるかもしれまんが、100年前以上のスペイン風邪を振り返って見ますと、再びコロナウイル騒ぎが、私たちに襲いかかってくる危険性は大きいと思います。
多くの皆様方は、この先も決して油断なさらないように。

新しいウイルスと闘う人類(35)

すでに述べたように、この国の政治体制も官僚機構全く機能不全に陥っている。安部晋三の「お花見の会」など記事にしている場合いではないだろう。誰でも狂った人間は精神病院に監禁するしかないだろう。それ以外に、この国を救う方法はないだろう。どんな貴女といえども狂人は狂人でしかない。そんな狂人の為に私たち日本人はなぜ犠牲にならなければならないのだろうか?

新しいウイルスと闘う人類(34)

私たち人類(ホモサピエンス)は、この新しいウィルスと、どのように共生できるのであろうか?
世界中が中国にコロナウィス禍に巨大な賠償請求を求めているらしい。そんな事をしたら、どうなりますか。そんな巨大な賠償請求に応じられると思いますか?
すると、狂った中国は世界中に各ミサイルを発射する危険さえあるのですよ。かつてのナチスヒットラーの様にです。

新しいウイルスと闘う人類(33)

スウェーデンでの封鎖措置を取らない政府の方針は正しかったのか?
<厳しい封鎖措置を取らずに集団免疫獲得を目指す政府の方針は間違いだったのか>
新型コロナウイルス対策で厳しいロックダウン(都市封鎖)を行わないという独自路線を貫くスウェーデン(人口1千9万人)では、5月7日の時点で同ウイルスの感染者が少なくとも2万4623人、死者の数は3040人に達している。
この状況についてスウェーデン公衆衛生局の疫学者アンデシュ・テグネルは6日の記者会見で、「死者数3000人だ。これは恐ろしい数字だ」と語った。
テグネルは同国の新型コロナウイルス対策の責任者で、これまではロックダウンを行わない政府の決断を支持してきた。だが今では、反ロックダウン戦略が最善の選択肢だという考え方に「納得はしていない」と認めている。
「まったく納得はしていない。何が最善策なのか、いつも頭を離れない」。テグネルは首都ストックホルムに拠点を置く日刊紙アフトンブラデッドにこう語った。
北欧諸国の中で、スウェーデンは新型コロナウイルスの死者数が群を抜いて多い。米ジョンズ・ホプキンズ大学の最新の集計によれば、他の北欧諸国の死者は、デンマークが514人、ノルウェーが217人、フィンランドが255人だ。スウェーデンは人口が倍あることを考えても、その死者数は群を抜く。
高齢者施設でもマスクせずに、インペリアル・カレッジCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策チームの最新の予測によれば、スウェーデンの1日あたりの死者数は、5月11日までに150人近くにまで増える勢いで、4日からの1週間の死者数は最大1060人にのぼる見通しだ。感染爆発の道を辿っているようにもみえる。
スウェーデンは、感染者のいるヨーロッパの国で唯一、厳しいロックダウンを行っていない。ウイルスにさらされる人を増やして「集団免疫」を獲得し、感染拡大の第2波を防ぐというのが彼らの戦略だ。
だがこの方針には、国外だけでなく国内からも批判の声が上がっている。スウェーデン南部のルンドに暮らすアリソン・プランバーグ(33)は本誌のメール取材に対して、「スウェーデンの対応が適切だとは思わない。(大勢の死者が出ている)高齢者施設でさえ、マスク着用が推奨されていない」と述べた。
彼女はさらにこう続けた。「持病がある子どもさえ、感染した場合のリスクが高いと正式に見なされていない」
<参考記事>「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に
<参考記事>新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告
何が【感染爆発の警告だ!】
腐り切った専門家集団のヒステリックな声が聞こえてくるだけだ。他の都市封鎖でも気も狂わんばかりに邁進しているヨーロッパ諸国は、どうなっているのだ。何か効果が、上がっているのか?
結局は我々ホモサピエンスが、新しいインフルエンザウィルスとの共生を許してもらえるか否かの問題だけである。多くのホモサピエンスの集団は精神錯乱を起こすか、ウィルスそのものに共存を許してもらえないかである。もはやホモサピエンスが、AI(人口知能)などで立ち向かえる相手ではないのだ、今度の新しいインフルエンザウィルスは!学者などという馬鹿者は早く消えされ…。

新しいウイルスと闘う人類(32)

今、コロナウィルスの突然変異説は3系等に別れているという。ヨーロッパ系の新型コロナウィルスと中国から韓国、日本のアジア系、そしてニューヨーク系のコロナウィルスの3系等であるらしい。この先にまたどれだけ突然変異を起こして、より複雑な感染経路を起こすかは分からない。恐らくアメリカ系のワクチンやヨーロッパ系のワクチンは日本人には通用しないのではないかと思えてならない。テレビを見ていると、学者馬鹿の連中が無意味な論争で世間を煩わしているのだろう。日本にいる医師の中でどれ程の見識を持った医師が何人いるのだろうか?…従来の最先端の医学技術は、確かに彼らの方が上だろう。しかし、それはただの医学知識にしか過ぎない。哲学、歴史、一般教養に根差さない医学知識は、衆愚の一人といえる医師というどうにもならない存在を作り出しているに違いない。大学病院などという権威しか持ち得ない集団には、この衆愚が何か多数いるような気がしてならない。私の、思いすごしなら私を狂人と思っても構わない。

新しいウイルスと闘う人類(31)

それにしても、コロナウィルによる日本の死亡者の少なさ何だろう。 PCRの検査以前に、この死亡者数をここまでごまかせるものだろうか?2020.5月初旬の統計では、現在アメリカは70万847人の死亡者数だ。英国が2万9427人、イタリアが2万9315人、スペインが2万5615万人である。(言うまでもないがスペインの人口は日本よりずっと少ない)、フランスが2万5312人、ベルギーが8016人。ブラジルが7912人、イランが6341人、中国が4633人、カナダが4033人、韓国が255人、日本が543人という数字だ。これが全て正しい数字だとは思えないが、WHOと厚生省の推定値である。日本とは比べものにならない死亡者数を出している世界各国が、段々と都市封鎖に疲れ始めている。都市封鎖の効果に疑問さえ抱き始めている。。多くの専門家や医学専門医が、毎日テレビやマスメディアで何を偉そうな事を言っているのだ。私もその中の一人かもしれないが。いずれ全てが明らかされるのだろう。もしかするとアジア系民族は特別な免疫力を持っているのかもしれない。

新しいウイルスと闘う人類(30)

日本人の精神生活が少しずつ乱れ始めている。昨日、スーパーで見ていたらお金を受け取ったとか、受け取らないとか言い争っている。私は直ぐそばで見ていて、前の人がお金の支払いを済ませたのを現場で見ていた。その2~3分、私は黙ってその経過を見ていた。