レビー小体型認知症の父の娘さんへの回答(再)

まずは外傷性硬膜下血腫でなくて、良かったです。しかし、本当に腰痛圧迫骨折なのでしょうか?
80歳以上の男性高齢者では、前立腺癌の発生頻度が極めて高く、前立腺癌の骨転移を半年ぐらい前に経験しました。実は私は高齢医学の全てに強い興味を持っていて、認知症はもちろん、整形外科(整形内科:手術をしないで、神経ブロックとか、変形性膝関節症、肩関節痛などの保存的な治療)、さらに皮膚科領域の治療もやっています。何故その様に幅広い分野に手をだすかと言えば、詳細を語りますと、幾ら時間があっても足りないので省略しますが、基本的には大学の恩師が「歩く医学辞書」みたいな偉大な医師でしたので、その下で10年近く学んだ私も、その様な習性が身に付いてしまった様です。小児科は自分の子育ての時代に身を付けましたし、それ以外にも好奇心を持ち過ぎるのが私の欠点です。ともかく、腰痛圧迫骨折であろうと、前立腺癌からの骨転移であろうとも痛ければ、大騒ぎするのは認知症患者さんだけではありません。
それがどの様な原因で来ているのか、どの様にすれば疼痛緩和が出来るのかを考えるのが医師の役目ですが、自分は脳外科だから、整形外科に行って欲しいという安易な発言には、腹立たしさを感じます。昨今では、ほとんどの医師がそうですが。お父さまの様な方をどうやって整形外科に連れて行くのか、その脳外科の医師は考えているのでしょうか?
実際に、疼痛緩和と精神ケアの方法はあるのですが、それが出来る医師は皆無に近いのかもしれません。遠隔治療の方法があれば、直ぐにでも緩和のお手伝いが出来るのですが、現実には歯ぎしりするばかりで申し訳ございません。
【ご質問】
成川先生、改めまして、
覚えてくださっていたことに、
深く感謝申し上げます。
とても嬉しいです。
本当にありがとうございます。
先ほど、早速、脳神経外科で診てもらってきました。
萎縮はかなり進んでいるようですが、
特に心配はないとの診断でした。
腰を圧迫骨折をしているのではないか、、
整形外科で診てもらった方が良い…と言われたのですが、
連れていくのが大変すぎて、
"自然に治る"ともおっしゃっていたので、
家で様子をみる事にしました。
本日の受診時も大暴れで(家では、ほとんど意識がない状態だったのですが…)
介護タクシーの方が迎えに来られた時から
意識が一気に戻ったかのように、
手足をバタバタして怒りだしたんです。
無理やりタクシーに乗せてもらい、
何とか連れていきました。
検査室からも発狂する声が聞こえるほどで…
久しぶりに暴れる姿を見ました…
何でも"認知症"で片付けたらダメですね。
脳神経外科の先生からも、
『これから何かあったらすぐに受診するように』と言われました…
先生からご指摘を頂けて本当に良かったです。
助かりました。
お忙しい中、いつも丁寧にお返事を下さり本当にありがとうございます。
感謝致します。

レビー小体型認知症の父の娘さんへの回答

確か昨年の10月以来のご質問かと、思いますが、その後はどのようにお過ごしかと気になっていました。
3週間程前に階段から落ちたとの事ですが、最も疑わしいのは、「外傷性硬膜下血腫」です。何でも「認知症」で考えて行くのは間違いのもとです。階段から落ちた数日間は見るべき骨折もなく、普通に歩いていたのに徐々に歩けなくなって来たのは、おそらく頭部打撲による血腫が徐々に広がって来たのではないかと拝察します。至急に病院に行って、頭部CTを取るべきでしょう。
レビー小体型認知症だけで、急激に歩行障害が来るというのは考えにくいです。
外傷性硬膜下血腫であれば、脳外科で診てもらうべきですが、ベテランの神経内科医ならば、内服薬だけでも治療する手段は持っています。
私自身、外来で外傷性硬膜下血腫の治療を内服薬だけで治療した経験は幾度もあります。
しかし、脳外科で手術が可能ならば、そちらを優先すべきです。脳外科領域では、盲腸の手術ぐらいの簡単な手術ですから。何日間の入院は必要のなりますが。
ともかく至急に脳外科か神経内科医に診てもらう事をお勧めします。
【ご質問】
成川先生、ご無沙汰しております。
以前、何度かお世話になりました。
今回も、ご多忙かと思いますが、アドバイスを頂ければ、と思い投稿させて頂きました。
先生から頂いたアドバイスを元に、父の在宅介護を続けております。
レビー小体型認知症と診断され、
4年が経ちます。
唐突な質問なのですが、
認知症で歩き方を忘れる、ということはあるのでしょうか?
3週間程前に階段から落ちました。
病院には行っていません。
落ちた当日は何とか起き上がり、
ベッドまで歩き、そのまま2日間ほど、
ベッドで寝たきりでした。
3日めに、自分でベッドから起き上がり、ソファーまで歩いたので、大丈夫かと思っていました。
しかし、歩いたのはその時だけで、
次の日からはベッドから起き上がる事もなく、上半身を起こすこともなく、寝たきりです。
起きるよう、声を掛けても
『よう分からんから』と言い、
全く動きません。
身体を起こそうとしても、嫌がります。
階段から落ちる前は、
1日中、家の中を歩いていました。
食事も摂らず、ずっと歩いている日もありました。
もしかしたら、あんなに歩いていたのに、
『身体を起こして歩く』という事を忘れたのかも…と不安になってきました。
このような事が突然起こる事はあるのでしょうか?

高木さんへの回答

基本的にご本人の前で、「認知症」であるとか、「うつ病」であるとかの発言は厳禁です。
但し、ご家族やご本人が、その様な訴えで最初から外来受診においでになった時は、ご質問に応じる形で励ましに似た言葉を使ってしまう事はあります。否定的な言葉は極力慎むというのが、認知症ケアの基本です。それをわきまえていない医師は、まず認知医を語る資格はありません。高血圧や糖尿病で肥満体型の方には、時に厳しい忠告をしてしまう事はありますが。
認知症の初診で訪れた方には、通常は頭部CTを撮影して、長谷川スケールをさせて頂いていますが、前もってご申し出があれば、それさえ省略しても構いません。幸いに検査が好きであるとのお話でしたので、健康診断的な雰囲気で診察をして認知症の有無をある程度みて行く事は可能です。大きな病院ですと、最初から検査、検査でいたずらに患者さんやご家族に戸惑いを与えることが多いのは現実です。
私どもの病院にご連絡を頂いて、外来受診の予約をお取り頂き、このブログを見て外来受診を希望して来たと言って頂ければ、たぶんご不快な思いを感じる事はないと思います。
緊急時(徘徊や乱暴な振る舞いで家庭が崩壊しかかっているとか…)には別ですが、外来予約は少し取りにくいかもしれません。まあ、それでも1ヶ月以上お待たせする事はないと思います。先日も予約なしで外来受診にいらして、2時間近く待たされたと言って、怒って帰られた方がいらっしいました。私を含めて外来スタッフは幾重にも「お待たせした事をお詫びしたのですが…」、お怒りは解けませんでした。また、時にはご予約を頂いても1時間近くお待せしまう事はあります。初診の方が2人以上おいでになると、それだけで1時間以上はかかってしまいますので。どうか、ご容赦の程お願いします。
【ご質問】
初めまして。HPを拝見して、受診させていただくことを考えております。84歳の母、独居の母がいます。健康診断ではほとんど何も問題はなく、一人で何でもできる状態です。ただ、不安が強く、昨年は1年間に3回救急車を呼び、病院に搬送されました。自分で119番してからも、台所の片づけをしたり、家の戸締りをしたりしてから、救急車までは歩いていけるぐらいしっかりしています。本人は動機がとまらなかった、胸が苦しかったというのですが、病院で検査しても、何もなく、せいぜい点滴をしてもらって帰されます。とにかく、検査が大好きで、大腸、胃、心電図、脳・・・と無理やり何かの症状を探して、検査ばかりをしているような印象を受けます。最近は落ち着いていたのですが、感情的になって娘に電話してくると、途中で激高して手が付けられなくなったり、体調が悪いことを訴え、こちらの言うことには耳をかしません。もともと人付き合いも少なく、うつっぽい性格なので、動悸や不安感もその症状なのではと考えています。寂しさや独居の孤独感もあるものと理解はしています。知人からは、感情の暴走があるなら、一度認知症の検査もした方が良いともアドバイスを受けています。普通の病院ですと、症状を言えば言うだけ、検査や薬が増えてしまいます。また、話をあまり聞いてもらえないのも不満と不安の原因のようです。先生のところで、それらを含めて診察、治療をしていただけるのか、教えていただければ幸いです。本人はとてもしっかりしているので「うつ」「認知症」と言う言葉だけでも断固拒否になってしまうと思うのですが、受診にあたっては、そのあたりはご配慮いただけるのでしょうか?不躾な質問ばかりで恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

青田さんへの回答

一口に認知症と言っても、アルツハイマー型の単独ケースもあれば、レビー小体型認知症が合併している事もあります。さらにピック病の合併だって起こり得ます。さらに別に「老人性うつ病」の併発だって起こりますし、脳血管性(動脈硬化性)認知症の合併だって考えられますし、甲状腺機能低下症も高齢者には比較的に多い病気で、この場合ですと気力低下も起こります。一見、認知症に見えてもその裏には多彩な病状が隠れていたりします。だからこそ、専門医というものが存在するのです。
ですから青田さんの質問だけでは、お答えしにくいです。ただ何を一番に考えるかと言えば、先ず最低限に甲状腺機能低下は否定しておくべきでしょう。甲状腺機能の検査をして…そこに問題がないのならレビー小体型認知症の合併もしくは始めからアルツハイマー型認知症ではなく、レビー小体型認知症であった疑いも当然あります。レビー小体型認知症についてはネットで調べられますので、私のブログでも幾度ともなく記載していますので、お読み頂ければ幸いです。
今日は以上です。 2019.07.28. 
追伸
どの病状により気力低下が発生しているか、先ずその診断を明確にしなければ、気力低下の改善策はお答えしにくいです。症状により、甲状腺の薬かもしれませんし、抗うつ剤かもしれません。他にも病状によっては考えられる選択肢は幾つもあります。
【ご質問】
成川先生、ご無沙汰しております。
実は、今日は、母親の認知症のことで、ご相談したいことがあり、投稿させて頂きました。
現在、母親は、要介護2のアルツハイマー病ですが、
虫垂炎で、1カ月間入院しました。
当初、医師は、『退院すると元に戻るだろう。』と話してましたが、現在、退院10日目ですが、
〇 食事拒否。(入院中は食べてましたが)
〇 入浴拒否(入院中はしていました。)
〇 服用拒否(入院前から、時々、ありましたが)
〇 常に無表情で、怒っています。
現在、デイサービスに週4回通っていますが、
ヘルパーに朝の30分間、ディサービスまでの準備をしています。
デイサービスでは、食事は、完食で、普通に過ごしているそうですが、
入院前と比べて、気力低下が著しいと感じます。
私は、認知症とは、単に記憶が無くなるだけだと思っていて、気力低下が認知症の症状だと知りませんでした、この気力低下を改善する方法などありましたら、ご教授頂ければありがたく存じます。

青井さんへの回答(再)

お話を聞く限りは、失礼ですがMCIというよりは限りなく認知症(アルツハイマー型もしくはレビー小体型のいずれか?)に近いかもしれませんね。長谷川スケール21点というのはMCIの定義に当てはまりますが、お父様の入院だけは理解ができていないというのやは重要な所見であると思います。
また腰痛(脊柱管狭窄症)もあって、昼夜逆転しているとのご説明ですが、私としてはレビー小体型認知症の疑いを強く抱きます。ただ一般医ですと、アルツハイマー型認知症の前状態と診断される危険性が大きいと思います。(多くの医師はこれまで安易にアルツハイマー型との診断が多かったのですが、実際はレビー小体型認知症の方が多いのです)それぞれの認知症で治療の仕方に大きな違いがあるのです…認知症状の出かたや経過にも、著しい違いが認められます。
例えば、アルツハイマー型であると「もの忘れ」が圧倒的に初発症状ですが、レビー型であると「うつ症状」に「幻覚症状」さらに「パーキンソン症候群」が加わった病状が多く見られ「もの忘れ」は遅れて出ることが知られています。また通常のMIC画像診断ですと、アルツハイマーに比べ画像的な変化がかなり遅れて出現しますので、レビー小体型認知症は見逃されやすいのです。大きな病院でも、この様な誤診はかなり多いものです。それでアルツハイマー型認知症と誤解されて、ドネペジルの様な薬を安易に出され病状の悪化する例が多かったのです。もちろんレビーでもドネペジルの使用は差し支えないのですが、問題はその使用の仕方です。アルツハイマーに比べて、極めて少量から処方されるのが理想です。剤型的には3mgが最小量ですが、これを1/2錠から処方するのであれば認知症について十分な知識を持った医師と判断して良いでしょう。1/2~1錠(3mgの)までなら、「せん妄」などの副作用が出る心配はありません。レビー小体型認知症では、脳血流Spectなどの検査が有効であるとされています。その意味ではご心配の通り、安易な薬に頼るのではなく前回にも記述しました様に「脳トレ」や「生活療法」で経過を見て行くのが良いのですが…。お父様が入院中であるから余計にお母様の精神的不安感が、強くなっているとも考えられますので、出来る限り家族の支えが必要になって来ます。今の時期が最も重要で基本的にはお母様を一人にしておく程、認知症は進行する例が多いのです。
あと腰痛の事ですが、薬など使わなくても「トリガー・ポイント注射」や「腰痛体操」などで、かなり効果を上げている例もあります。近くの整形外科で相談して下さい。私は内科の医師ですが、この「トリガー・ポイント注射」を知り合いの整形外科医から学び、今は亡き自分の父親にも実施してみて良い効果がありました。
現在は「認知症外来」をやりながら、腰痛には「トリガー・ポイント注射」、変形性膝関節症には「ヒアルロン酸」の関節腔内注入で、それなりの効果を上げています。もっとも、私の様な内科医が整形外科領域や皮膚科領域(爪白癬やアレルギー湿疹)にまで手を出す医師も稀ではありますが…。
ともかく、腰痛に対して薬でなく、「トリガー・ポイント注射」などをしてくれる整形外科医を探すべきです。面倒臭さがって、やってくれない医師も多いと聞きますが…。
以上、何か参考になれば幸いです。
【ご質問】
早速ご回答頂き、ありがとうございます。
長谷川スケールは22点MMSEは25点でした。
認知の程度ですが、カレンダーで確認すれば日にちはわかります。置き忘れ、物忘れ、短期の記憶があいまいです。
実は、父も脳出血で倒れ現在リハビリ病院に入院中です。
母は父が入院したことを何度伝えても、「お父さん仕事から帰ってこない」「お友だちと旅行に行ってしまった」と言います。
他のことは、忘れていても説明すればそうだったと言って思い出すのですが、父の入院だけは理解ができていないようです。
腰痛もあり(脊柱管狭窄症)すぐに腰がいたいと言って横になってしまい、眠ってしまうので夜起きてしまうようです。
昼は、一人で家にいることになるので、デイサービスの利用もしたいのですが、本人がいきたがりません。折り紙や塗り絵なども勧めてみたのですが、「腰が痛かった」といって横になってしまいます。
クスリを飲むことで、進行を遅らせることができても、副作用(特にせん妄)を考えると何が良いのか迷ってしまいます。いずれ施設にお願いしなければならないと思うのですが、何からなにまで、不安です。

青井さんへの回答

一般に、せん妄とは意識障害が起こって頭が混乱した状態を示します。高齢者に多く見られ、15~50%は、入院中にせん妄を経験すると言われています。お母様も入院中に見られたとのお話でしたね。もちろん全身麻酔の影響は避けられませんが…。
せん妄は認知症とは違い、症状が急に発生し、数時間から数日間かけて進行するのが特徴です。認知症の方がせん妄を発症することもありますが、その場合でもせん妄の症状は、一時的なもので治療が可能です。
せん妄症状には主に以下のものがあります。
・幻視や妄想
・興奮状態(大声を出す、そわそわと動き動き回る、暴力など)
・認知症のような症状(最近の出来事を忘れる、どこにいるのかが分からなくなる、会話が噛み合わなくなるなど)
・睡眠リズムの生涯(昼夜逆転や、睡眠中も落ち着きがないなど)
『せん妄が起こる原因』
1)体調が悪い事や環境の変化で起きる事もあります。
脱水や酷い便秘などが原因となる事があります。脱水になると意識障害が出るのは、お年寄りだけではありません。便秘なども酷くなると苦痛を伴う事になり、せん妄を引き起こす場合があります。
2)環境の変化 : 同居の為の引っ越しや介護施設入所、入院などの環境の変化でも起こり、環境が変わった事で睡眠不足となり、せん妄が見られる場合もあります。
3)昼夜逆転が原因
日中に寝て夜起きるという昼夜逆転が起きていると、夜に起きた時に暗い事や誰もいないと思ったりする事で、不安が大きくなってしまい、夜間せん妄が出やすくなります。
4)飲んでいる薬の副作用でせん妄が出る事もあります。お年寄りに多いパーキンソン病の薬や、認知症でうつが見られた時に処方されるうつ薬・向精神薬にも、せん妄が出やすいものがあります。
さて、MCIと診断を受けたお母様ですが、現在の認知機能はどの程度なのでしょうか?
長谷川スケールやMMSEの結果が知りたいと思います。もし長谷川スケールが23点以上なら認知症の薬は必要ないと思います。それよりは「脳トレ」「懐メロの練習」や朝の規則正しい散歩や睡眠リズム(昼夜逆転を防ぐ)の是正などの「生活療法」だけで経過をみていくのが良いと思います。
さらに家庭で
『せん妄が起きた時の対応』
についても記載しておきます。
1)暴力がある時は離れて様子をみましょう。
興奮して暴れたりしますが、噛みつく、殴る蹴るなど、普段からは想像出来ないような行動に出る事があります。暴力が出ている時は離れましょう。止めようと対抗すると余計に興奮したり、転んで骨折するなど危険がありますので注意が必要です。
>> 暴力・暴言が出た際は?
ゆっくりはっきり穏やかに話しかける。
言葉をかけても落ち着かないのは、聞こえていないからかもしれません。興奮で暴力が見られている時でも、頭の中はぼーっとしている状態だからです。はっきりゆっくりご本人の顔を見ながら話しましょう。怒るのではなく「大丈夫だから」と諭すように。
2)また、おかしいと感じる内容でも幻覚を見ているせいかもしれませんので、否定はせず話を合わせながら聞いてあげてください。
『せん妄の改善策』
1)体調管理をしてください
お年寄りは水分補給が少なくなる事で脱水症状になりやすい為、お茶などが飲めているか、お通じがきちんとあって便秘になっていないかなどを、チェックするようにしてください。またお年寄りは夏場、冷房を使わない人が多く、これが元で脱水になる事があります。暑過ぎたり、寒過ぎたりならないように気をつけましょう。
2)部屋の環境を変え過ぎないのも重要です。環境の変化に弱いのも高齢者の特徴です。
睡眠不足が続くと、認知症のお年寄りではなくてもイライラしてしまうものです。同居となって住み慣れた家から離れてしまった時などは、環境が変わり眠れなくなっている場合があります。畳に布団を敷いて寝ていたのが、ベッドにした為眠れなくなったという話もよく聞きます。出来るだけ同じ様な環境になるようにしましょう。引っ越しで元々使っていた寝具を新しく交換する事がありますが、元の寝具の方が良いです。残っていればそれを使う。残っていなければ枕などを変えて、眠りやすい環境にしてください。
3)睡眠時に配慮したいこととは?
日中に起きていられるように工夫をする。
昼夜逆転が起きている場合は、お昼に眠り過ぎてしまっているので、夜眠れなくて起きてしまうのです。日中に起きている時間を増やすのが一番です。部屋を暗くせず、カーテンを開けましょう。日中に話しかけたり、散歩に一緒に出かける、テレビを一緒に見るなど、関わる時間を増やしてみてください。認知症で介護度が出ておられる方であれば、日中活動出来るデイサービスなどの利用を、考えられても良いのではないでしょうか。
4)危険な物を部屋に置かない
また良い悪いなどの判断なく、手の届く所にあるもので暴力行為が見られる場合がありますので、危険だと思われるものは、部屋に置かないようにしてください。家族だけでなく、物を叩いて壊す事でご本人もケガをする場合があります。
以上、せん妄についてまとめて見ました。
【ご質問】
成川先生 はじめまして
78歳の母がMCIと診断されました。
MCIといっても、初期の認知症に近づいているという感じです。
クスリを飲もうと思うのですが、副作用を見るとせん妄とか下痢など、いろいろ書いてありました。
7月3日に直腸脱の手術をして、全身麻酔のため、やはりせん妄がありました。
クスリの副作用でせん妄がでるということで、クスリを飲むことに不安を感じています。
それについて、教えていただけないでしょうか。

青田さんへの回答「クエチアピンについて」

青田さんへの回答「クエチアピンについて」
レンドルミンはともかくクエチアピンの服用は明らかに認知機能に悪い影響を与える危険性が強いでしょう。かかりつけ医が直ぐにクエチアピンを中止して頂いたのは幸いでした。体重増加と糖尿病の誘発(あるいは悪化)が一番気になる副作用です。さらに催眠効果が強いので認知症を誘発しやすいのです。
2019.04.29.  【ご質問】
成川先生、お世話になっております。
経過報告(退院報告)になりますが
8カ月ぶりに父親が退院しました。
その後、スグに指示されたかかりつけ医に行きましたが、
そのかかりつけ医が、
入院中の病院で、処方されていた薬に疑問を感じていました。
レンドルミン(睡眠導入剤)、クエチアピン錠です。
転院前の病院で、せん妄があったので、クエチアピン錠を処方されていたのですが、その後、
せん妄が治った後も、引き続き3か月間クエチアピン錠を処方されていたようです。
退院後、かかりつけ医の判断で、クエチアピン錠を服用中止しましたが、
レンドルミン(睡眠導入剤)、クエチアピン錠を高齢者が長期間服用した場合、認知機能の低下のような症状は、起きるのでしょうか?
かなり、専門的な内容なので、成川先生のご意見をお聞かせ頂きたければ、幸いです。