新しいウイルスと闘う人類(28)

暖かい季節になれば、新型コロナウイルスの勢いは止まるのではないか――。世界的な流行が続くなか、そんな見方は弱まったように思えるが、新たな研究から希望を見いだすことはできるのだろうか?
新型コロナウイルスが季節性かを確定するには、まだ早過ぎる。それを見極めるには、1カ所で1年を通した変化を調べる必要がある。
ただ、世界の異なる気候における感染拡大に注目することで、ヒントは得られる。
どんな証拠がある?
コロナウイルスが涼しく、乾燥した地域で特に感染することを示す証拠はある。
ある研究は、3月10日までに新型コロナウイルスの大きな影響を受けた国々(確認されずに地域で感染が広がった国々)は、影響が小さかった国に比べ平均気温が低かった。
別の研究では、COVID-19(新型ウイルスの感染症)の患者が40人以上出た中国の100都市に注目。気温と湿度が高いほど、伝染の確率は低いとの結果を得た。
さらに、専門家の評価を受ける前の別の研究は、新型コロナウイルスの感染者は世界中で見つかるが、少なくとも3月23日までは、大規模な流行は「比較的涼しく乾いた地域」で特に発生したことを示している。
だが、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究者グループは、新型コロナウイルスは世界保健機関(WHO)の分類上の全地域に広まっているとし、「寒冷で乾燥した地域から高温多湿の地域まで、実質的にすべての気候帯に及んでいる」と指摘している。
南北の差はある?
インフルエンザなどの多くのウイルスでは、北半球と南半球では季節的なパターンがみられる。ただ、赤道近くの熱帯地域では同じパターンは当てはまらない。
COVID-19のウイルスの感染拡大がみられるマレーシアやコンゴなどの高温多湿の地域は赤道に近い。そのため、他の地域の参考になる最適な証拠を提供することにはならないかもしれない。
筆者 : 再度繰り返すが、この、突然変異を繰り返している新型コロナうィルスの拡散は一時的な小康はあっても、その変異を繰り返しながら確実に我々人類を襲って来るだろう。世界医学史のどこを見ても、これに値する文献資料は見当たらない。ただ多くの専門家が希望的な推測を述べているに過ぎない。

新しいウイルスと闘う人類(27)

スペインかぜは1918-1920年に世界各国で極めて多くの死者を出したインフルエンザによるパンデミックの俗称である。第一次世界大戦時に中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことに由来する。
世界中での死者5千万人とも言われているが、その時に日本では何が起きたか?
日本での総死亡者数は44万人。前期流行は(1918年10月から1919年5月)での死亡者数が26万人、後期流行(1919年12月から1920年5月)での死亡者数は18万人と言われている。
ただし1918年当時の日本の人口は5千600万人だった。現在とは比べものにならない1/2以下の人口密度である事を考慮すると、今回の死亡者数が比較できない。またウイルスの突然変異のパターンも違っているので全ては分からない。
さらに情報過多による混乱の度合いに、極端な違いがある。経済的な規模も違うし、人口の半分以上は農業であって、「3密度」なんていう概念もない。もっと広い原野で多くの人々は生活していたのである。
某週刊誌に、「スペイン風邪」の記載があったが、その記事を読む限り、いかに彼らが不勉強であるかを改めて思い知ったので、あえて実際の真実を記載したのである。

新しいウイルスと闘う人類(26)号外

今なお収束の目処も立たず、世界で多くの命を奪い続ける新型コロナウイルス。習近平政権による情報隠蔽がその蔓延を招いたとして、各国では中国に対する賠償請求の動きが起きています。追い詰められた中国は、この先、どのような姿勢で世界と対峙するのでしょうか。【中国】世界からの賠償要求5,500兆円!中国は破産するか?