認知症に負けない

Marutanさんへの回答(3)
幾度かご質問を受けている内に、やっと貴方の悩みの本質が少し見えて来た様に思います。前回の私の回答はその意味で何か的はずれだったかもしれません。どうかお許し下さい。先ずは「認知症との線引きの基準」について、かなりこだわっていらっしゃる様ですので回答いたします。簡易検査としは現在2種類のものが多く使われています。

2015-8-5-011.jpg
2015-8-5-022.jpg
2015-8-8-0333.jpg

クリックで拡大します

この「長谷川式簡易知能評価スケール(HDS_R)で30点満点中20点以下を認知症の疑いとしております。海外で多く使用されているものとしてはMMSE認知症テストが有名です。

mmse123.jpg
mmse2.jpg
クリックで拡大します

こちらは同じく30点満点中22~26点が軽度認知症、21点以下を認知症の疑いが濃厚としております。以上、参考までに差し示しましたが、やはり貴方の場合は認知症の心配よりはこれまでの長い生活の中で、余りにも傷ついた心の痛みが老化現象ではなく深い哀しみと自己否定となって、今の貴方を苦しませいる様な感じがしてなりません。49才という年は未だこれからですよ。私は67才になりますが、今でも自分の可能性と未来を信じて常に前向きな努力し続けて行きたいと願っています。現在のこの心境になるまで私自身も3度は自殺未遂を経験しております。小学校、中学校と学校の成績も悪く色々な事情もあって、イジメと言うよりは同級生の集団暴行に会って死にかかった事もあります。今の私が変わったのは高校2年の夏からです。それまで劣等生だった私がある理由から医師への道を目指し始めたのです。高校の教師も同級生も皆が大笑いです。お前みたいな馬鹿が医者になどなれる訳がないと。でも私はそこから3年間死にもの狂いの努力をして何とか医学部に合格出来たのです。ですから私の座右の銘は「努力」この一言です。たった一度の人生です。他人が何と言おうとも自分で自分を慈しみ、より良い自分の中の輝きを探し求めて努力するしかないじゃないですか。認知症なんか恐るるに足りないのです。


返信ありがとうございます。励ましのお言葉ありがとうございます。ですが、確認させてください。
私は障害と呼べない能力でダメだしをされ続け、子どもの時から自信を失い、うつを患い続けてるということですか?そこに老化が入ってきて自分自身が混乱しているのですか?そうであれば、最初に質問しました「認知症との線引きの基準」を教えてください。
どうも私の周りにはリストカットでもしないかぎり、私が苦しんでいるのがわかってくれない人ばかりです。基準がわかれば、自分で訴えられますし、周りにも理解してもらいやすくなります。多分、私の周りは、私が家に帰れなくなっても私が認知症になったことに気付かないと思います。こんなに長い間うつになっていても、一回も指摘されたことないんですから。
ここまで書きながら思ったのですが、この考えがうつなんでしょうか?自分自身のことがわかってないのは、認知症だけではでは、ないのですね?
社会性が乏しいのもわかっていますので、言葉に角があればお許しください。もう少しだけお付き合いください。

関連記事

コメント