診察室からコンニチハ(71)

これまで日本の医師や看護師の労働基準の過酷さについて述べて来ましたが、それはあくまで米欧諸国の基準によるものです。発展途上国と比較すると、まだ恵まれた状況にあるのかもしれません。私たちは職業人としてのプライドを高め、現段階ではこの国の医療を支えて行く方法しかないのでしょう。そう思う事により医療人は自らを鼓舞するしかないのです。何と言っても、民主主義国家形態の中で私たち国民が選んだ政治家たちが決めた事ですから…。古代ギリシアから始まった有史以降の私たち人類は、民主主義と云う名の衆愚政治と、その破綻から哲人政治を追い求め、それは独裁政治に舞い戻る運命となり、そしてまた民主主義に憧れると云った歴史を繰り返しているのです。昨今の日本の選挙時における投票率の低さを見ると、そんな衆愚政治的な考えが頭に浮かぶのです。真に求める事に積極的な行動を取ろうとはしないのです。
いや、求める事は何かさえ気付いていないのでしょう。自分や家族が不遇な状況に置かれるまでは…。ただ与えられた事のみに漠然とした満足感を味わっているのか、あるいは鈍麻しているのかは判断に迷うところです。それは自ら努力せず「宝くじ」を買い求め、当たるかもしれない幸運を待ち望んでいるのと同じ様な心境でしょうか。
この国の精神は、昭和20年8月15日の終戦以降GHQ管理下の基で「ミニアメリカ」となり果て、ハワイに次ぐ米国51番目の州と陰口を囁かれる程に独立心を失いかけているのでしょうか。憲法問題を一つ取っても、アメリカ製の憲法に何の疑義も抱かず、ただ感情的に反対のための反対をしているのです。
何故、国民全体が「この国のあり方」を真面目に議論しないのでしょうか、70年以上も憲法問題には思考停止が続いているのです。これで真に独立国家と言えるのでしょうか?
ただ一部の官僚が、医療経済にしても部分的な修正を2年ごとに繰り返しているに過ぎないのです。オピニオンリーダーとしてのマスメディアは権力者が流す情報を受け売りしているとしか思えません。
これまで一度でも米欧諸国と比べた医療のあり方を真剣に議論した事があったでしょうか?
次回に続く
関連記事

コメント