診察室からコンニチハ(86)

病院開設時の数ヶ月間は混乱に次ぐ混乱でした。大学病院から引き抜いて来た看護主任も、そんな混乱の中で早くも退職届けを出して来ました。新しい看護婦が何人も入職して来ましたが、何もかもが落ち着かない職場では辞めて行く看護婦も数人ではききませんでした。常勤医は私以外に60才過ぎの年配の女医さんが一人きりで、後はパートの医師で何とか遣り繰りしていました。
開設時の1年間、外来診察は午前中だけでしたが、その外来は全て私一人でこなしていました。昼食後の2~3時間は新規の職員面接と、新たな職員確保の為の戦略会議で過ごしました。
入院患者さんの回診は、外来診療の合間と午後4時からの1時間。そして患者さん夕食後の午後6時から消灯時間の9時までに済ませ、それからカルテ整理が始まります。検査結果のチェック、治療方針の再検討などの仕事が終了するのは午前1時ぐらいでした。夜勤当直は週に3回、私一人で頑張っていました。年配の女医さんには週1回の当直をお願いして、残りは大学の後輩に頼んでいました。その女医さんが当直の日には、毎週のように大学の研究室に出向き、同僚の医師たちを誘い合わせ飲みに出かけました。何とか彼等と打ち解け、常勤医とまで言わなくてもパートだけでも良いから少しでも私を助けてくれないかと口説いていたのです。その内、大学の部活で1年後輩の里中(仮称)医師が週に1日だけなら手伝ってくれても良いと言って来ました。これは大きな戦力でした。里中医師は、将来は教授になっても良いような逸材でした。医学的にも彼から学ぶ事は多かったのです。亀の歩みにも似た速度でしたが、病院内部の人材確保は着実に進んでいました。
病院開設の1年間は、また後悔の連続でした。何故こんな大それた病院運営など手がけてしまったのだろうかと…。
いま置かれている立場から考えると、大学病院の医局生活は夢のような時代に思えたのです。ただ患者さんを診て、医学の勉強だけをしていれば良かったのですから。それに比較して、病院運営では医療に関わる時間は4割ぐらいで、後は職員集めや経営効率の反省さらに税務対策にまで頭を痛めなければならなかったのです。何もかもが未体験の分野で、空想で病院開設を夢見ていた状況とは、その苦悩は余りに違っていたのです。毎日見る夢の多くは、大学病院での医局生活でした。あの時代に戻れるなら、今すぐにでも以前の生活に帰りたいと幾度考えたか分かりません。
次回に続く
関連記事

コメント