診察室からコンニチハ(93)

この年の冬は、私の病院でもインフルエンザ患者さんが続出して療養型病棟では点滴の使用量が増大していました。1ヶ月間での点滴使用による薬剤費の病院支出は赤字になっていました。私は心密かに、この痩せ我慢を何時までしなければならないのだろうと案じていました。しかし、その甲斐があってか1ヶ月間の死亡者はゼロでした。
保健所からの医療監視(医師を含めた)の人々は、カルテのチェックを終え驚いていました。療養型で、これほど手厚い医療行為をしている病院は見た事がないと感嘆の声さえ上げていました。その保健所スタッフから、
「こんな手厚い医療行為をしていたら、病院経営は赤字になってしまうでしょう」
とまで、言われました。私はニッコリと頷いて…
「医療には、時にボランティア行為も必要でしょう」
と、答えました。この結果、保健所内での病院の評価はかなり上がったと思います。私も自分の痩せ我慢が報われた思いで満足感に満ち溢れていました。その後も室料差額のアップを続け、病院の経常利益も徐々に上がって行きました。患者さん方の中には、自己負担額が高いと云うので他の病院に転院する人たちもいました。
しかし、他に転院した患者さんの半数近くは数ヶ月もしない間に私の病院に戻って来ました。高くても医療サービスがまるで違うからと云う理由が多かったのです。私は大いに気を良くして、自分の経営方針に間違いなかったと確信して行きました。そんな私の確信は平成14年ぐらいまでしか続きませんでした。バブル崩壊後の日本経済の低迷が国民の年収を徐々に低下させていたのです。平成2年から始まったバブルの崩壊はゆっくりと日本経済を悪化させて行きました。「失われた10年」とか、昨今では「失われた20年」とまで言われ出し、さらに加速度的な少子高齢化の進展に伴って医療費は増大し、国民の医療費負担額も増えて行ったのです。かつては高齢者の医療費は全額無料の時代もあったのに、今では夢の様な話になっています。
その結果、国民の多くは高齢者に対して良質の医療よりは安価な介護を求め出したのです。そして「看取り」と云う言葉も流行り始めました。私は「看取り」と云う概念を否定している訳ではありません。ただ安易な経済的な理由で「看取り」と云う思考に流れて行く発想に疑問を抱く時があるのです。
次回に続く
関連記事

コメント