診察室からコンニチハ(100)

元号が今年5月1日から新しく変わろうとしています。新元号 は「令和」であると、この4月1日菅官房長官から首相官邸で発表されました。その意味は
「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育ち…
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように」
との説明でした。
出典は日本最古の歌集「万葉集」から引用したそうです。日本の書物(国書)が元号の出典となったのは初めてと言われています。これまでの元号は全て中国の古典から引用されていたのです。何か中国との関係が考慮され、国書からの引用となったのでしょうか?
それはともかくとして、和暦として西暦とともに大切にされてきた元号はベトナムや中国などでも使われたことはあったようですが、現在に至るまで元号を使い続けているのは世界中で日本のみとなっています。日本書紀によると元号が使われ始めたのは645年の「大化」が始まりのようです。
さて、最初の元号と言われる「大化」から2017年の今日に至るまでの「平成」にはいくつ元号があったかご存知でしょうか。応仁や享保など、社会科でとにかくたくさん習った記憶があります。30?50?100以上?
さて、答えはなんと「平成」を含め247個あるそうです。ただ、南北朝時代において南朝元号・北朝元号を加算した場合の総数なので、南朝を基準とした場合は231個が総数とされています。社会科で元号が多いように薄々感じられてきたとはいえ、改めて知るとなかなかの数に圧倒されますね。元号の変わる基準が現在とは異なり、天変地異や戦、占いなどで元号を変えるきっかけを得ていました。そのため数年、または数ヶ月で元号が変わっている事があり、ここまでの数となっているようです。現在の感覚で考えるとあまり頻繁に変わってしまうとこんがらがってしまいそうですね。
さて、それでは明治神宮による元号の解説より明治からの元号の由来をお話していきます。
まず明治の由来は五経の一つである易経より「聖人南面して天下を聴き、『明』に嚮ひて『治』む」という言葉からきています。これには「聖人が北極星のように顔を南に向けてとどまることを知れば、天下は明るい方向に向かって治まる」という意味が込められています。
次に大正です。大正も明治と同じく易経より「『大』亨は以って『正』天の道なり」という言葉が由来となっています。意味は「天が民の言葉を嘉納し、政が正しく行われる」というものです。
そして64年と最も長い元号である昭和です。昭和も五経の一つである書経から「百姓『昭』明・協『和』万邦」という言葉が由来となっています。込められた意味は国民の平和と世界の共存・繁栄を願うものとなっています。
そして2017年現在まで続く平成です。史記からの「内『平』かに外『成』る」と書経からの「地『平』かに天『成』る」という言葉それぞれから平成と付けられました。「内外、天地ともに平和が達成される」との意味で、元号が重ねられるたびに平和を尊いものとする意味が強まっているように感じられます。
ちなみに明治は江戸時代から計10回も候補となってきたものの採用を見送られ続け、1868年で11回目にしてやっと元号となることができたという、なんだか胸が熱くなるようなストーリーも持っています。
元号が変わるという状況に新たな風が吹き込んできた昨今、新元号の予想に勤しむ方々もいらっしゃいますね。有識者の方々が練りに練って考える元号は手帳やカレンダーにも記載される日本にしかない暦です。由来や込められた意味を汲み取って大切に時を過ごしていきたいですね。
さて、話は脱線しますが本年2月頃までのネット情報での新元号は「安久」であるとの噂がもっぱらでした。それが何故変わってしまったか、一総理大臣「安部首相」の「安」を使うのは好ましいないとの批判が相次いだとの話もあります。
まあ、何を置いても新元号の「令和」が私たちに幸福な時代となります事を心から願っています。
次回に続く
関連記事

コメント