青田さんへの回答

先ず8ヶ月間にわたる長期入院とは、どうした事情なのでしょうか?これだけの入院期間ですと、80歳以上の人なら相当の確率で認知症になってしまいますが…。次に長谷川スケールの点数の推移(改善傾向)が分かりかねます。病院でのリハビリや脳トレ(音楽療法や本など)で効果が上がったと云う事でしょうか。それならば以前に青田さんが質問なさった「脳トレって効果があるのですか?」と云う実証を、お父様が見事になさったと云う話ですね。病院の中にいてさえ、それ程の効果が見られていらっしゃるなら、ご自宅に戻って更なる脳トレを行えば認知機能の改善は大いに期待できるのではないでしょうか!
何を青田さんは迷っていらっしゃるのですか?
その多くは以前にご説明した通りです。
【ご質問】
成川先生、質問させて下さいませ。
以前にも質問しましたが
86歳の父親ですが、現在、8か月間の長期入院中ですが、
今日、リハビリ病院に行くと
頭がぼっとすると言っていました。
後2週間で退院ですが、
長谷川式テストは
3ヵ月前は15点、
2ヶ月前は18点
今日は、24点でした。(たまに話が、繋がらない時がある。)
成川先生に言われた通り、認知症にならないように
① 音楽療法。(ウォークマン)
② 本。
③ 将棋
をするように誘導しています。
特に最近、見舞いに行く度に病室から、談話室に連れて行くと、とにかく、父親は将棋をしたがり、1時間~2時間将棋をしたがります。
私も、仕事があるので、毎日、行きませんが、
1日、行かないとやはり、ぼっとした時があり、
病室から出して、談話室に行くと元に戻ります。
ケアマネージャー、理学療法士、医師は、自宅に戻ると元に戻ると思いますが、戻らない場合もあると言います。
よく、認知症は治らないと言いますが
このまま、将棋、音楽、読書は、続けさせるとしないよりも、効果はあるのでしょうか。
やはり、リハビリがあるとはいえ、長期的に病室にいること自体、脳には良くないですね。
以前の質問と重複しているかもしれませんが、
長谷川式テストの最新、結果が出たので新たに質問させて頂きました。
関連記事

コメント