診察室からコンニチハ(107)

☆1587年 - 明の龔延賢(きょう えんけん)が医書*『万病回春』を著しました。
*『万病回春』は和刻の歴史を見ると、江戸時代のごく初期に初めて復刻され、江戸時代を通じて30回近く出版されており、これは中国を凌ぐ回数で、しかもそれは江戸前期の約100年の間に集中しているそうです。
江戸時代中期以降はぱったりと出版されなくなりますが、その影響は今日でも残存しており、中国ではさっぱり使われませんが、日本で常用されている『万病回春』出典の処方は少なくありません。
疎経活血湯、啓脾湯、滋陰降火湯、温清飲、荊防排毒散、清上防風湯、五虎湯、響声破笛丸など、皆『万病回春』に初めて記載される薬方であります。
☆ 1603年 - ジローラモ・ファブリチ (Girolamo Fabrici) が、足の静脈を研究して、心臓への一方向へ流れるようにする静脈弁の存在を発見しました。
☆1628年 - ウイリアム・ハーベーが、心臓を研究してExercitatio Anatomica de Motu Cordis et Sanguinis in Animalibusを著し、循環器系を解明しました。
☆1701年 - ジャコモ・ビラリニ(Giacomo Pylarini, イタリア)が、初の天然痘予防接種を試みています。
☆1747年 - ジェームズ・リンドが、柑橘類が*壊血病を防止するということを発見しました。
*壊血病の防止により世界中の船乗りの生命がどれ程救われた事でしょう。
☆1763年 - クラウディウス・アイマンド (Claudius Aymand) が、初の虫垂切除に成功しました。
☆1774年(安永3年) 『*解体新書』(かいたいしんしょ)が翻訳されました。
*解体新書は、ドイツ人医師のヨハン・アダム・クルムスの医学書『Anatomische Tabellen』のオランダ語訳です。『Ontleedkundige Tafelen』(「ターヘル・アナトミア」)を江戸時代の日本人が翻訳した書物です。西洋語からの本格的な翻訳書としては日本では初の試みでした。著者は前野良沢(翻訳係)と杉田玄白(清書係)で、安永3年(1774年)に須原屋市兵衛によって刊行されました。本文4巻、付図1巻。内容は漢文で書かれていました。
☆1776年 - ジョン・ハンター (John Hunter) が、初の人工授精に成功しています。
☆1779年 - ラツァロ・スパランツァーニ がカエル、犬、魚などを用い、卵子と精子の接触による生物の人工授精を行っています。
☆1796年 - *エドワード・ジェンナーが、天然痘予防接種方法(ワクチン)を開発しました。
*ジェンナーの牛痘種痘法開発のエピソードは,戦前修身の国定教科書に取り上げられ,広く知られることとなりました。周囲の反対やあざけりにもめげずに長年努力し,偉業を達成したという内容です。 この話に明治 43 年発行の教科書から「まず自分の子どもに牛痘をうえてみた上」という誤った内容が挿入されたのです。
本当に ジェンナーは 自分の子どもで実験したのでしょうか?
【牛痘種痘法の開発】
今の感覚では,どうして受け入れ られなかったのか不思議に思います。しかし、病気の原因がはっきりしていなかった時代に,また人と獣とは全く違うものだという感覚が常識的であった時代に,牛の病気が人にも移り,それが人の病気を予防するなどという考え方は受け入れがたいものだったようです。実際に「牛痘種痘を施せば牛になる」という内容の批判も寄せられたほどです。結局, ジェンナーは論文を自費出版しました。
免疫の授業をすれば,ジェンナーの名前が必ず登場することでしょう。しかし,「ジェンナーは牛痘 種痘法を開発する際に自分の子どもを実験台にした」と信じている人も多いのではないでしょうか。 全くのウソというわけではありませんが,事実ではありません。
ジェンナーは,バークレーという小さな村の牧師の末子として生まれました。幼くして両親を失いますが,兄姉の庇護のもと外科医としての教育を受けました。その後ロンドンに出て,外科医・博物学者として優れたハンターのもとで学びました。この頃 からすでに牛痘と天然痘の免疫について関心を持っ ており,*ハンターに相談しています。ハンターのア ドバイスは,(当時としては非常に先進的なことに)
*ジョン・ハンターは、イギリスの解剖学者、外科医であり、「実験医学の父」「近代外科学の開祖」と呼ばれ、近代医学の発展に貢献しています。エドワード・ジェンナーとは師弟関係にありました。
以前からこの話に興味を持っていたジェンナー は,牛痘にかかったことのある人たちに対して天然痘種痘を行い,全員が何の症状をも起こさない(天然痘に免疫ができている)ことを確認しました。うわさが正しいことを確かめたのです。
その後,牛痘種痘の技術的な未熟さから失敗例も出てきて賛否両論が展開されていきました。しかし結果としては認められ,急速に広まっていきました。 そして,天然痘は 1980 年 WHO によって根絶宣言が出され,人の手によって撲滅された最初の病気となったのです。
ジェンナーが、牛痘を人工的に接種する実験を行ったのは、牛痘にかかった女性の手の膿疱から得た液を 8 歳の少年の腕に接種しました(この 少年はジェンナーの息子ではなく,ジェイムズ・フ ィップスという名で,ジェンナー家で働いていた貧しい労働者の子どもでした)少年の腕には膿疱ができ少し発熱しましたが,元気でした。そして2 週間後に,天然痘の免疫ができているかどうかを確 かめるために今度は天然痘を接種しました。ジェンナーの予想通り,少年は天然痘の兆候を示しませんでした。この実験により,危険な天然痘接種の代わりに牛痘接種によって天然痘が予防できることが明らかになったのです。
天然痘は空気感染で移ります。約 12 日間の潜伏期間の後,高熱に続いて,顔や手足を中心とした膿疱が全身にできます。死亡率は 2 ~ 3 割に達し,治癒しても「あばた」が残ります。また,視力を失うこともあります。世界各地で流行し,多くの人の命を奪いました。日本でも「疱瘡(天然痘)すむまで我が子と思うな」とまで言われたそうです。歴史ドラマ でも度々登場します。
「あまり考えることはやめて,とにかく実験してみることだ。辛抱強く,そして正確にね。」というものでした。
そこでアラブ(インドという説あり)では天然痘の水疱からとった物質を腕に作った小さな傷に擦りつけるという方法が行われていました(天然痘接種)。多くの場合,傷口とその周辺だけに膿疱ができ,軽い症状にとどまりました。そして天然痘に対する免疫を獲得できたのです。
ジェンナーは,この成功を確かなものにするためにジェイムズの膿疱からとった材料で,8 人の子ども(ジェンナーの次男ロバートも含まれている)にも 同じ実験を繰り返しました。7 人の子どもで成功し、牛痘種痘の実験以前に軽症型の天然痘(豚痘と呼ばれた)接種を自分の子どもに行ったことも誤解の一因だと思います。また,修身の内容からして「自分の子どもを犠牲にした」という美談がほしかったのかもしれません。いずれにせよ,この修身の教科書の影響で誤解が広まったのだと思います。
この方法はトルコにも伝わりました。トルコのイギリス大使夫人のモンタギュー夫人は、この地で天然痘にかかり,その美貌を失いました。 そこで夫人は自分の子どもに天然痘接種を行い、イギリスに持ち帰りました。モンタギュー 夫人の熱心な活動により,天然痘接種法はイギ リスの医師たちの間で広く行われるようになり ました。ジェンナー自身も子どもの頃に受けて いますし,医師となってからも数多く行いました。
(しかしジェンナーの次男ロバートにだけはうまく付かなかった),そのうちの2人に天然痘種痘を行い,免疫ができていることを確認しました。対照として,牛痘種痘を行っていない子どもにも天然痘種痘を行って,症状が出ることも確かめました。
次回に続く
関連記事

コメント