診察室からコンニチハ(125)

*和田寿郎を主宰とする札幌医科大学胸部外科チームは、1968年(昭和43年)8月8日に日本初、世界で30例目となる心臓移植手術を実施しました。ドナーは21歳の溺水事故を起こした男子大学生で、レシピエント(ドナーから臓器を提供される人)は心臓弁膜症の18歳の男子高校生で、和田によれば「多弁障害」を抱え人工弁置換術では根治できないとされる患者でした。
手術は約3時間半をかけて明け方に終了しました。レシピエントの意識障害はなかなか回復しませんでしたが、やがて意識回復。8月29日には屋上で10分間の散歩をし、その回復振りをマスコミに披露しました。その後、一般病棟に移りましたが、9月に入ると徐々に食欲不振に陥り検査の結果、輸血後の血清肝炎と診断されています。
術後において症状が現れていたと言われ、意識混濁の症状も進みはじめたレシピエントは10月に入って一旦、小康状態を発表されましたが、手術後83日目の10月29日に食後に痰を詰まらせ、長時間にわたる蘇生術の甲斐もなく急性呼吸不全で死亡したと医師団により発表されました。
【和田心臓移植事件(わだしんぞういしょくじけん)】
「心臓移植後の経過」
レシピエントの死後、それまでくすぶっていた疑惑が一気に噴出しました。それは胸部外科が発表したすべての事実を否定するほど多岐にわたるものでした。同大第二内科から人工弁置換術のため転科してきたことを隠蔽し、さらに多弁障害ではなく僧帽弁だけの障害で、二次的に三尖弁の障害はあるが、これらは第二内科が依頼した弁置換術で治癒の可能性があったため、このレシピエントがそもそも心臓移植適応ではなかった可能性が発覚しました。第二内科の教授は、少年がリウマチ熱で弁疾患を患っていたことは認めましたが、移植の必要性については否定しています。転科前の第二内科による診断内容と、胸部外科による診断内容は、ほぼ同時期に診断がおこなわれたにもかかわらず相当の隔たりがあったことが疑惑に拍車をかけました。
ドナーの検視時(死亡確認)に心臓提供者だという事実が警察に伝えられず、詳細な検査を監察医から受けることなく火葬に付されてしまっています。このため死の真相解明は不可能となり、数時間後に和田教授みずから、警察に連絡を取り事情を説明しましたが、時間が経過していたため病理解剖は出来ませんでした。後の調査で、和田教授がドナーとレシピエント双方の主治医を務めていたこと、また心臓外科医である彼が、専門外の脳死判定を行ったことが問題視され、ドナーが本当に脳死だったのか疑う声も出ました。
一方、レシピエントの死後、彼の元の心臓が3ヶ月以上にもわたって行方不明になり、病理解剖学者の手元に渡ったときには、検索前にもかかわらず何者かが心臓中央部から切断しており、さらには4つの弁もばらばらに摘出されており、心臓移植適応であったかどうかが問題になりました。
1968年12月、和田心臓移植は大阪の漢方医らによってついに刑事告発されました。1970年夏に捜査が終了し、告発された殺人罪、業務上過失致死罪、死体損壊罪のすべてで嫌疑不十分で不起訴に終わりました。札幌地検はこの捜査のために、3人の日本を代表する医学者達に各一人ずつ1つの項目について鑑定書作成を依頼しましたが、それらは終始曖昧で決断を下しかねているような論調で、すべての鑑定人に対する再聴取が必要なほどでした。
1973年3月23日、当時の心臓移植手術の妥当性に関して日本弁護士連合会の警告も受けました。
当時、札幌医科大学整形外科講師の地位にあった作家の渡辺淳一は、この心臓移植を題材に地の利をいかして関係者からくわしく話を聞き、『小説心臓移植』(のちに「白い宴」と改題)を発表しています。綿密な調査で知られる吉村昭も心臓移植を追った小説『神々の沈黙』の中でこの手術に関して触れており、後にその取材ノートともいえる『消えた鼓動』を発表しました。
次回に続く
関連記事

コメント