診察室からコンニチハ(131)

では、免疫力を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?インターネットには色々な方法が推奨されていますが当てにならない情報もたくさんあるので注意してください。世の中には商業主義な宣伝広告も多いのです。
免疫力を上げたり、がんを予防したり出来る事が証明された特定の食べ物やサプリメントは未だありません。
常識的に考えるならば、バランスの取れた食生活とか、無理のない運動とか、ストレスのたまらない生活、規則正しい睡眠などが挙げられます。しかし、そのどれもが科学的に十分な証明がされた訳ではありません。
ただ喫煙の習慣には、かなりの発癌性が認められるとの統計学的なデータは国立がんセンターでも報告されています。喫煙習慣の本人だけではなく、同居している家族の受動喫煙も大きな問題になっています。
また常習性の飲酒は、大腸癌との因果性もありそうです。さらに現在わが国では100歳以上の超高齢者が7万人を数えていますが、この中で何とか自立で生活の出来ている人は1%前後、つまり700人程度なのです。
さらに興味深いことに、この1%の超高齢者は、生涯を通じて殆ど(皆無に近い状況)で、喫煙や飲酒をした事がないと云うデータもあるのです。もちろん普通に言われている俗説、飲酒も2合まではとか、赤ワインなら大丈夫だとか言った話は統計学的には何の証明もされていません。私の知る限り、90歳ぐらいまでは何とかこの根拠のない俗説もある程度は支持されるかもしれません。
私の医師としての経験上の考えに過ぎないのですが…
以上の事から推察して行けば、やはり喫煙や飲酒の習慣がない健康的な生活が、癌にはなりにくい長寿の要因だと言えるのでないかと思えてなりません。
規則正しい睡眠、適度な運動、バランスの取れた食生活、円満な家庭生活(つまりはストレスのない生活)などが、免疫力を高める生活であると考えても、医学的な証明は未だないものの、それほど的外れな見解ではないと思うのです。
私自身がそれほど健康的な生活をしているのかと云う話は置いて、喫煙だけはさすがにしておりませんが、飲酒については人様にとやかく言える立場でない事は正直に告白します。
次回に続く
関連記事

コメント