診察室からコンニチハ(154)

❺地球温暖化 : このまま気温が4度C上昇を続けた場合のリスクを、大きく次のように示しています。
(1)高潮や沿岸部の洪水、海面上昇による健康障害や生計崩壊のリスク。
(2)大都市部への内水氾濫による人々の健康障害や生計崩壊のリスク。
(3)極端な気象現象によるインフラ機能停止
(4)熱波による死亡や疾病の増加
(5)気温上昇や干ばつによる食料不足や食料安全保障の問題
(6)水資源不足と農業生産減少
(7)陸域や淡水の生態系、生物多様性がもたらす、さまざまなサービス損失。同じく海域の生態系、生物多様性への影響。
そして、これらのリスクは、温度の上昇の度合いによって、さまざまな影響を引き起こす可能性があると指摘されています。
❻海洋汚染 : 海洋汚染により起こる影響は (1)富栄養化による赤潮、青潮の発生 (2)珊瑚礁の白化 (3)生物濃縮 (4)生態系の変化 と言われています。
また、赤潮、青潮、生態系の変化、珊瑚礁の白化も生態系の変化を招くので、漁業に影響を与えます。そして、人体にもっとも影響を与えるのが、生物濃縮です。現在では生物濃縮による人への影響が世代を超えて起きることが予想されることから深刻な問題として考えられ、有機系化合物の製造や使用は禁止されています。実際、北アメリカ大陸の五大湖における魚食性鳥類や北海・バルト海のアザラシなどで観察された大量死、繁殖障害、奇形、免疫機能の低下などに、流出した有害化学物質が深く関与していたことがわかり、野生生物への影響が世界で注目されているところです。一方これらの有害化学物質による人間への健康被害に関しては、直接の影響を検証することが難しいため、当初予測された生物影響が過大予測だったのではないかという批判もあります。特に、産業界からは規制が厳しすぎるとの声もあがるようになっています。しかし、この内分泌攪乱物質による生物影響は世代を超えて起きる可能性が高いことから、大規模な健康被害が起きることが予想されます。
❼水質汚濁 : 水質汚染(すいしつおせん、water pollution)とは、人間の行動によって引き起こされた湖、河川、大洋、地下水対する一連の有害影響のことです。具体的な例として、水道法で定める飲料水の基準を悪化させる(細菌の増加、化学物質や有機物増加、色度や濁度の変化など)ことが挙げられます。主に、生活排水と産業廃棄物が原因となりやすく、現在の水質汚染の原因の約70%が生活排水です。生活排水のうち、汚染は台所からが最も多く、油や醤油、米のとぎ汁といったものの負荷も大きく、河川・湖沼などの公共用水域は水質汚濁、海水や海域は海洋汚染として別に分けられています。
汚染には有機化合物のケースと無機化合物のケースがあります。
次回に続く
関連記事

コメント