診察室からコンニチハ(171)

話をゲノム編集に戻します。
まず、ゲノムとは何かを整理してみましょう。
ゲノムの定義は、「遺伝情報の全体・総体」を意味するドイツ語由来の語いであります。古典的遺伝学の立場からは、二倍体生物におけるゲノムは生殖細胞に含まれる染色体もしくは遺伝子全体を指します。
もう少し分かりやすく言えば、人間の染色体は46本あります。この中の2本が性染色体と言われ、XX(X染色体が2本)が女性の性染色体で、XY(X染色体とY染色体が1本ずつ)が男性の性染色体です。性染色体を除いた44本が常染色体と言われ、人間の体細胞を形成しています。人間の精子には23本の染色体があり、卵子にも同様に23本の染色体があります。受精により、精子と卵子が結合して46本の染色体となるわけです。
ですから、人間は二倍体生物に属するのです。この精子か卵子の23本の染色体の総数をゲノムと言います。つまり、人間には二つのゲノムが存在しているのです。
それでは、遺伝子とは何でしょうか。
1本の染色体は1冊の本にたとえることができます。ということは、一つのゲノムには23冊の本があるという事になります。その1冊づつに書かれた文字が遺伝子なのです。
具体的には、人間の第一番目の染色体は2610の遺伝子でなり立っています。つまり、2610の文字で一冊目の本が出来上がっている事になります。ちなみに、二冊目の染色体には1748の遺伝子が、三冊目には1381の遺伝子があります。私たちが日ごろ手にしている本の中に、時々は誤字、脱字が見つかる事があります。二倍体生物にとっては、これが遺伝子異常となって疾患につながってしまうのです。遺伝子の編集と言われていますのは、これらの誤字、脱字を直すことなのです。あるいは、もっと美しい字を書いたり、分かりやすい文章構成をしたりする事で、農産物の品種改良に繋がって行くように、ヒトの遺伝子も操作して、疾患の治療に結びつけたり、糖尿病や高血圧などの遺伝子検索をして、その体質の遺伝子を書き換えることも将来的には可能となるのでしょう。こう書いていきますと、私たち人類は近い将来、全ての疾患から解放されるのではないかと大きな期待感で、胸を膨らませて行くかもしれません。
次回に続く
関連記事

コメント