レビー小体型認知症の父の娘さんへの回答(再)

まずは外傷性硬膜下血腫でなくて、良かったです。しかし、本当に腰痛圧迫骨折なのでしょうか?
80歳以上の男性高齢者では、前立腺癌の発生頻度が極めて高く、前立腺癌の骨転移を半年ぐらい前に経験しました。実は私は高齢医学の全てに強い興味を持っていて、認知症はもちろん、整形外科(整形内科:手術をしないで、神経ブロックとか、変形性膝関節症、肩関節痛などの保存的な治療)、さらに皮膚科領域の治療もやっています。何故その様に幅広い分野に手をだすかと言えば、詳細を語りますと、幾ら時間があっても足りないので省略しますが、基本的には大学の恩師が「歩く医学辞書」みたいな偉大な医師でしたので、その下で10年近く学んだ私も、その様な習性が身に付いてしまった様です。小児科は自分の子育ての時代に身を付けましたし、それ以外にも好奇心を持ち過ぎるのが私の欠点です。ともかく、腰痛圧迫骨折であろうと、前立腺癌からの骨転移であろうとも痛ければ、大騒ぎするのは認知症患者さんだけではありません。
それがどの様な原因で来ているのか、どの様にすれば疼痛緩和が出来るのかを考えるのが医師の役目ですが、自分は脳外科だから、整形外科に行って欲しいという安易な発言には、腹立たしさを感じます。昨今では、ほとんどの医師がそうですが。お父さまの様な方をどうやって整形外科に連れて行くのか、その脳外科の医師は考えているのでしょうか?
実際に、疼痛緩和と精神ケアの方法はあるのですが、それが出来る医師は皆無に近いのかもしれません。遠隔治療の方法があれば、直ぐにでも緩和のお手伝いが出来るのですが、現実には歯ぎしりするばかりで申し訳ございません。
【ご質問】
成川先生、改めまして、
覚えてくださっていたことに、
深く感謝申し上げます。
とても嬉しいです。
本当にありがとうございます。
先ほど、早速、脳神経外科で診てもらってきました。
萎縮はかなり進んでいるようですが、
特に心配はないとの診断でした。
腰を圧迫骨折をしているのではないか、、
整形外科で診てもらった方が良い…と言われたのですが、
連れていくのが大変すぎて、
"自然に治る"ともおっしゃっていたので、
家で様子をみる事にしました。
本日の受診時も大暴れで(家では、ほとんど意識がない状態だったのですが…)
介護タクシーの方が迎えに来られた時から
意識が一気に戻ったかのように、
手足をバタバタして怒りだしたんです。
無理やりタクシーに乗せてもらい、
何とか連れていきました。
検査室からも発狂する声が聞こえるほどで…
久しぶりに暴れる姿を見ました…
何でも"認知症"で片付けたらダメですね。
脳神経外科の先生からも、
『これから何かあったらすぐに受診するように』と言われました…
先生からご指摘を頂けて本当に良かったです。
助かりました。
お忙しい中、いつも丁寧にお返事を下さり本当にありがとうございます。
感謝致します。
関連記事

コメント