診察室からコンニチハ(178)

今回は日本人の医療満足度について考えてみたいと思います。
わたしたち日本人の医療満足度は15%であると言われています。世界の先進22ヵ国中では最下位です。ちなみにトップは、スウェーデンの75%ですが、しかし日本の医療水準は世界一なのです。医療水準はスウェーデンをはるかに超えています。このあまりのギャップは、どこから生じるのでしょうか?
まず日本の医療水準が世界一であるという根拠から説明します。
色々な角度から医療水準のチェックポイントがあるのですが、今回は「ガン」の生存率からみて行きたいと思います。
大腸がんの5年生存率(2004~09年)を調べたものでは、日本は68%と1位、アメリカ5位(64.5%)、カナダ6位(63.4%)、ドイツ13位(60.4%)イギリス18(53.3%)で、先進加盟国の平均は59.9%です。
世界67ヵ国、2500万人以上の「ガン」患者の5年生存率を調査した国際共同研究「CONCORD-2」(1995~2009年)によると、日本は肺がんで5年生存率30.1%とトップです。
アメリカ18.7%、イギリス9.6%なので、日本の成績はかなり際立っています。
肝ガンでも日本の成績は27.0%と、断トツの1位です。
アメリカは15.2%で、欧州各国も20%に達していません。
胃ガンでは、韓国が57.9%と1位ですが、日本は54.0%です。欧米は30%前後と軒並み低いのです。
再びOECDの調査に戻って、
乳ガンの5年生存率を見ると、日本はアメリカに次いで2位の87.3%、
子宮頸ガン4位の70.2%と、先進加盟国で上位にあります。
医師受診の回数も日本は突出して多いのです。OECDの統計によると、国民1人あたりの医師にかかる回数は加盟国の平均が6.6回。これに対して日本は12.9回となっています。意外にも低いのが、スウェーデンであり、年間2.9回。このスウェーデンの約3回に対して、日本は約13回という、この数字の開きは、つまり「医師との距離」の違いでもあります。
次回に続く
関連記事

コメント