診察室からコンニチハ(199)

高度の医療機器の発達は、私たちの平均寿命をこれからも延ばして行くのでしょう。100歳以上の人たちが世界中に満ち溢れる時代が来るのかもしれません。認知症の治療もずっと改善していくと考えられます。
そうなった場合、私たちの人口ピラミッドはどうなってしまうのでしょうか。若い世代が歪(いびつ)にすみの方に追いやられてしまうかもしれません。人類全体の新陳代謝は奇妙な変形を辿るのではないでしょうか。そこまで考察しているAIの専門家や医師を寡聞にして私はまだ知りません。
さらに新しい科学変化には、歴史的にみても大きな副次的問題が発生する傾向が強いものです。例えば、原子力発電による放射線障害のようにです。また高度な機器であればあるほど、必ずシステム障害が付きまといます。さらに高度化が進行するほど、そこから発生する障害もAI自身に診断と対策を委ねるしかなくなってしまいます。現在でも自動車などのトラブルはAIが診断し、メーカーはその診断に従って指示された部品を交換しているだげです。もう何十年も前から自動車の修理工はいなくなったと言われています。ただAIの指示に従った部品交換をしているに過ぎないのです。
次回に続く
関連記事

コメント