診察室からコンニチハ(202)

このような科学文明の発展は、基本的には人類の本能に由来しているのです。「より利便性の高いものを」、「より豊かな食生活を」、「より豊かな富を」、「より速度の速い乗り物を」、『限りないものそれが欲望』という大流行した井上陽水の歌は人類の本能の本質を、見事にまで歌い上げています。
限りない欲望を持ち続ける生物、それは正しく絶滅すべき生物といっても過言ではないと思います。この限りある宇宙空間で、なぜ一つの生物種だけが「限りない欲望を持ち続ける事が許るされるのか?」
それは願望的な妄想に過ぎないのです。
あまりに小さな歴史的事実を例に挙げれば、西洋では「ギリシャ文明の崩壊」、「ローマ帝国の滅亡」、「秦の始皇帝」(不老不死の薬を追い求めながら49歳で死没)その他、枚挙に暇がないほど、人の一生も国家の滅亡も、その生存期間はただ時間の長さの違いがあるだけです。
それは人類の歴史も同じです。目には見えない多くの原子や太陽光線、快適な酸素濃度、水資源、大気の還流その他あまりに多くの偶発性によって、私たち人類はただ辛うじて生存を許してもらっているだけなのです。それらの全てを忘れてAIを追求しるにしても、原子の力を利用するにしても、限りない欲望を抱けば抱くほど、恐らく人類の滅亡を早める結果になぅてしまうのでないでしょうか。
「人は死すべきもの」
これは古今からの名言です。
AIについての考察 : 完
次回に続く
【お知らせ】
診察室からコンニチハ(206)からは、インフルエンザ特集となります。
インフルエンザの基礎知識から、歴史的な考察、ワクチンの意味、さらに何故インフルエンザは毎年流行するのか(206)~10話ぐらいにかけて、じっくり説明して行きたいと思っていますので、しばらくお待ち下さい。
関連記事

コメント