診察室からコンニチハ(205)

【医療費の無駄遣い】考察Ⅱ
『一般薬の使用制限』
一般薬とは、正式には一般用医薬品と呼ばれ医師による処方箋を必要とせずに購入できる医薬品のことです。市販薬、家庭用医薬品、大衆薬、売薬などとも呼ばれています。また、カウンター越し(英語: over the counter)に売買されることから、OTC医薬品とも呼ばれます。
OTC医薬品の多くは、比較的に副作用が少なく長期間にわたり安全性の確立した医薬品が指定されています。ドライアイなどの目薬、筋肉痛の湿布薬、花粉症、軽度の感冒薬、胃腸薬など医師の処方なしに誰でも手に入りやすいものが殆どです。
この様なOTC医薬品の指定拡大を目指して、医療保険の適用から外して国民医療費を大幅に削減したいと厚労省は目論んでいます。
事の是非はともかく、総医療費のこれ以上の拡大に国家経済が耐えきれないのは事実でしょう。
何をもって、医療費の無駄遣いと定義するかは人それぞれに考えの違いはあるのですが、欧米諸国に比べ我が国では確かに薬の使用量が多いという現実があります。そういった意味では、一般薬の保険適応外とする考えにも支持者が出て来るのも一部の理があるかもしれません。
湿布薬や簡易な感冒薬は医療保険の適応から外して街の薬屋さんで買い求めて頂くという考えにも賛同者が多くなるのも時代の流れとなって行くのでしょうか。
次回に続く

【お知らせ】
診察室からコンニチハ(206)からは、インフルエンザ特集となります。
インフルエンザの基礎知識から、歴史的な考察、ワクチンの意味、さらに何故インフルエンザは毎年流行するのか(206)~10話ぐらいにかけて、じっくり説明して行きたいと思っていますので、しばらくお待ち下さい。
関連記事

コメント