新しいウイルスと闘う人類(15)

基本的に、日本には要請以上の法律がないようです。
緊急事態命令では72時間以上の拘束しか日本の法的根拠がないと言われています
そんな法的な規制しかないものですから、次のような意味不明のスタンド・プレーをする国会議員が出たりするのです。
【分からない立憲民主党?】
立憲民主党の蓮舫副代表は2月28日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が全国の小中高校などの休校要請に踏み切ったことについて「こんなめちゃめちゃなリーダーシップはない。すぐ撤回すべきだ」と述べた。
同時に休校要請の法的根拠がないと主張した上で、「愛する子供の健康は親にとって何よりも守りたいものだ。子供だけ家に置いておけというのはあまりにも場当たり過ぎる。ありえない、ありえない」とも批判した。国会内で記者団の質問に答えた。
では、どうすれば良いのでしょうか?
代替え案は出しのですか?
一体この方は、何処を向いているのでしょうか?
こんな人が立憲民主党の副代表では、この政党も存在意義が感じられません。以前にも政権与党の時代に、この方は「何で一番じゃあないといけないんですか?…二番じゃあダメなんですか?」
と、訳の分からない質問をして多くの国民の皆さんに戸惑いを与えた事は有名ですね。
次回に続く

関連記事

コメント