新しいウイルスと闘う人類(号外2)

世界はマイナス3%成長 IMF予測「大恐慌以来の悪化」2020年、新型コロナ影響で…。
2020年4月14日 21:30ニュース
3%ですか、マイナス30%の間違いではないでしょうか?


     


【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)は14日改定した世界経済見通しで、2020年の成長率予測をマイナス3.0%に引き下げた。新型コロナウイルスの影響で1月時点から6.3ポイントも下方修正した。09年の金融危機時を超えて「大恐慌以来の経済悪化」(ゲオルギエバ専務理事)となる懸念がある。ただ、感染拡大を封じ込めれば、21年は6%近い経済成長が可能とみる。
関連記事

コメント