新しいウイルスと闘う人類(24)

私たち人類は、今もなお突然変異を繰り返している新型コロナウイルスに打ち勝てるのか?
私は極めて悲観的である。この地球上で最悪の生物と言われている人類(ホモ・サピエンス)が作り出してしまった生物体系の破壊に全ては起因していると考えるべきだからだ。
都市封鎖もワクチン開発も、全ては過去の成功体験でしかない。貧富の差、老若男女それらの何者も突然変異を繰り返すウイルスは、確実にその生命を奪い尽くすだろう。
72 歳である医師の私にも、このウイルスは襲いかかって来るだろう。ただ、その予防法と免疫力の向上に努め、飲酒、喫煙も一切しない私ではあるが、また健康管理には神経過敏なぐらいに注意して年に数回以上の人間ドック的な自己管理も10年以上は続けているが、それでも時間の問題でしかないと思う。今は極めて健康であるし、第一線の医師としての仕事と、細々とではあるが、5年以上は世界に向けてのブログも書き続けている。
しかし、どんなに頑張っても私は地球上で最悪の生物であるホモ・サピエンスの一人であるに違いない。どんなに偉大な政治家や医療人といえども、このホモ・サピエンスの一員である事にかわりはない。20万年のホモ・サピエンスの贖罪の時が来たのかもしれない。
私は、自分の世迷いごとの妄想が外れることを静かに祈るだけである。
私の生命がある限り、出来る限りの情報収集に努め自分の見解を発表して行くつもりではある。たぶん、未だ1年間ぐらいは出来るのかもしれない。
これ以降のブログは医学的な知見、宗教的な知見、死生観の問いかけなどが主体となって行くのかもしれない。
繰り返すが、私は自分の愚かな妄想が外れることを、ひたすら祈り続けている。もしかしたら認知症になりかかっている哀れな老人の独り言と受けとめていただけるならば、これに尽きる幸いはないのである。
関連記事

コメント