新しいウイルスと闘う人類(33)

スウェーデンでの封鎖措置を取らない政府の方針は正しかったのか?
<厳しい封鎖措置を取らずに集団免疫獲得を目指す政府の方針は間違いだったのか>
新型コロナウイルス対策で厳しいロックダウン(都市封鎖)を行わないという独自路線を貫くスウェーデン(人口1千9万人)では、5月7日の時点で同ウイルスの感染者が少なくとも2万4623人、死者の数は3040人に達している。
この状況についてスウェーデン公衆衛生局の疫学者アンデシュ・テグネルは6日の記者会見で、「死者数3000人だ。これは恐ろしい数字だ」と語った。
テグネルは同国の新型コロナウイルス対策の責任者で、これまではロックダウンを行わない政府の決断を支持してきた。だが今では、反ロックダウン戦略が最善の選択肢だという考え方に「納得はしていない」と認めている。
「まったく納得はしていない。何が最善策なのか、いつも頭を離れない」。テグネルは首都ストックホルムに拠点を置く日刊紙アフトンブラデッドにこう語った。
北欧諸国の中で、スウェーデンは新型コロナウイルスの死者数が群を抜いて多い。米ジョンズ・ホプキンズ大学の最新の集計によれば、他の北欧諸国の死者は、デンマークが514人、ノルウェーが217人、フィンランドが255人だ。スウェーデンは人口が倍あることを考えても、その死者数は群を抜く。
高齢者施設でもマスクせずに、インペリアル・カレッジCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策チームの最新の予測によれば、スウェーデンの1日あたりの死者数は、5月11日までに150人近くにまで増える勢いで、4日からの1週間の死者数は最大1060人にのぼる見通しだ。感染爆発の道を辿っているようにもみえる。
スウェーデンは、感染者のいるヨーロッパの国で唯一、厳しいロックダウンを行っていない。ウイルスにさらされる人を増やして「集団免疫」を獲得し、感染拡大の第2波を防ぐというのが彼らの戦略だ。
だがこの方針には、国外だけでなく国内からも批判の声が上がっている。スウェーデン南部のルンドに暮らすアリソン・プランバーグ(33)は本誌のメール取材に対して、「スウェーデンの対応が適切だとは思わない。(大勢の死者が出ている)高齢者施設でさえ、マスク着用が推奨されていない」と述べた。
彼女はさらにこう続けた。「持病がある子どもさえ、感染した場合のリスクが高いと正式に見なされていない」
<参考記事>「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に
<参考記事>新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告
何が【感染爆発の警告だ!】
腐り切った専門家集団のヒステリックな声が聞こえてくるだけだ。他の都市封鎖でも気も狂わんばかりに邁進しているヨーロッパ諸国は、どうなっているのだ。何か効果が、上がっているのか?
結局は我々ホモサピエンスが、新しいインフルエンザウィルスとの共生を許してもらえるか否かの問題だけである。多くのホモサピエンスの集団は精神錯乱を起こすか、ウィルスそのものに共存を許してもらえないかである。もはやホモサピエンスが、AI(人口知能)などで立ち向かえる相手ではないのだ、今度の新しいインフルエンザウィルスは!学者などという馬鹿者は早く消えされ…。

関連記事

コメント