潮騒は聞こえず(42)

吉次は考えていた。仕事が大きくなれば危険も大きくなる。儲けの大きさにばかり欲を張り過ぎると全てを失ってしまう恐れさえある。出来れば今回の仕事に自分は直接加わりたくはないが、儲けの美味しい所だけは欲しい。「さあ、ここが思案のしどころだ。そうよ、先ずは情報と言う餌をちらつかせてみるべきだ。実際の仕事はチャーリーと徳治の奴らにやらせれば良い。情報と云う美味しそうなネタを徳治の奴に売りつけてやるのよ。そして俺は何時でも逃げられる様に高みの見物を決め込むんだ」
そんな自分勝手な考えを懐に隠し持って吉次は徳治を上野の小料理屋に誘い入れた。そして思惑通り徳治は誘いに乗って来た。水の一杯も飲まず、吉次の話しに目を輝かしている徳治の姿は愉快だった。大きな真鯛を見事に釣り上げた様な爽快感である。「それでね徳さん、先ずは少なくてもトラック2台は必要なんだよ。3台だともっと良いんだがね。そのトラックをGHQに徴収させるのさ」「そんなに上手く行くかね」「そりゃ訳ないよ、何たってGHQの将校が仲間にいるんだ」「ふん、それからどうするんだい」「そのGHQに徴収されたトラックに徳さん、あんたの欲しい物を目一杯詰め込むのよ」「そのトラックをどうするんだ」「2台、上手く行けば3台分の積み荷を徳さん、あんたが指示する隠し倉庫に持ち運び、後は処分の機会を窺うのよ」「そんなに上手く行くかな」「上手く行くかどうかは徳さん、あんたの根性しだいだ。GHQの将校さんと念入りな打ち合わせをしてやる事だ、下手を打つ訳はないだろうが」「まあ、そりゃそうだろうが、話しが出来すぎてるんじゃないかい」「徳さん、良いんだよ嫌なら嫌で話を別の所に持って行くだけの事だからさ」「まあ吉さん、誰も嫌だとは言ってないよ。ただずいぶんと危ない橋じゃないかと心配しているだけだ」「危ない橋が怖けりゃ、このご時勢にどうやって金儲けをするんだよ」「まあ、そう言われちゃうと身も蓋もないがね」「で、どうするんだい徳さん、仕事はやるのかやらないのか。こっちだってここまでの話をしているんだ、ガキの使いじゃあるまいし、それなりの落とし前は着けてもらうよ」「まあそんなに凄まなくても良いよ。あたしなりに考えてみたが、この仕事はやらせてもらうよ」「そうかい、そうかい、始めからそう言ってくれりゃ俺は何もグズグズ言う事もないさね」と少し機嫌を損ねかかっていた吉次の顔に笑顔が戻って来た。「で、これからはどうするんだい。先ずはGHQの将校さんには会わせてくれるんだろうね」「そりゃ言うまでもない。徳さんさえ良ければ段取りは何時でもつけるさ」「分かった、それで良い。それなら私も一杯飲むか」「そうよ、それで良いのよ。お~い、姐さん熱いのを2本ぐらい頼むよ」と、吉次が2階から下に声をかけた。「ところで徳さん肝腎な事を忘れちゃ困るよ」「肝腎な事って」「冗談はよしにしてくれ、肝腎な情報料を忘れちゃ話にも何もならないじゃないか」「あぁ、その話か。でも未だGHQの将校さんにも何も会っていないんだよ」「なに、それじゃ俺の話が与太話とでも言うのか」と、再び吉次の顔が気色ばんで来た。「そうは言ってないよ、ただこれだけの話で1万円の全額は出せないね」「じゃ幾らなら出すって言うんだ」「まあ吉さんの顔を精一杯立てて、5千円って所でどうだい」「ふ~ん、5千円かい」「だってそうだろう。話は半分も進んじゃいないんだ、5千円でも多いくらいだ。私たち商人(あきんど)の目から見れば、今日はそんな所だよ。後はその少尉さんに会わせてもらってからだ」と言われ、吉次も渋々頷いた。
明日に続く
関連記事

コメント