家族性アルツハイマー病

n.k.さんへの回答
家族制アルツハイマー病についての、ご質問ですが、この病気の特徴は遺伝子的要因が極めて強く、原因遺伝子としては4種類が知られています。発症年令が早く初老期認知症( 40~64才 ) とも言われています。さらに病気の進行が極めて早いのも特徴的です。両親の一方が初老期認知症ですと、その子供は25%の確率、両親共ですと75%の確率でアルツハイマー病に罹ると言われています。
ご心配の方は遺伝子検査を受けて下さい。ネットで遺伝子検査を受けられる病院はすぐに見つかるはずです。



質問
家族制アルツハイマー病について、教えて下さい。
n.k.

関連記事

コメント