潮騒は聞こえず(105)

「ことぶき」4店舗は2年前から法人化され吉村興産と云う名称になっていた。清吉の名字吉沢の吉と紀子の旧姓、村田の村を取って「吉村興産」と云う会社名が決められた。持ち株比率は二人で50%づつの同比率、社長は清吉で紀子が専務となっていた。大久保の自宅も50%づつの共有名義になっている。
紀子は清吉と結婚する前の3年間、川口の町工場で経理事務をしていた。簿記も3級の資格を持っていた。この数年、清吉と半同棲生活となってからは簿記2級の試験にも合格していた。清吉がゴルフに熱中している間、紀子は簿記の勉強に熱中していた。法人形式である以上、二人共サラリーマンであった。社長の清吉が100万円、専務の紀子が80万円の月給であった。高校もまともに卒業していない清吉に税法の知識がある訳はない。全てが紀子任せだった。
夫婦の関係が良好な時は最良の方法なのだが、その関係にひびが入ると逆に大変な事になる。特に清吉に取っては丸裸にされる危険性さえある。清吉は店の金庫から度々100万円単位の金を持ち出している。多い月だと500万円以上にもなる。彼の月給は100万円なのである。差額の400万円は社長の一時的な借用である。清吉は店の金は全て自分の物だと思いこんでいる。紀子との関係が良い時は、彼女がそれなりの対策をしてくれる。
店舗拡張の為の海外視察とか、種々の経費化とか名目はアイディア次第で幾らでも出て来る。しかし紀子が敵に回ると恐ろしい事態となる。あの5千万円の小切手、紀子にはどうしても腑に落ちなかった。
彼女は生まれて始めて私立探偵を使って、清吉の動向調査をさせた。予想以上に最悪の結果が出た。里美と云う愛人が妊娠していると云う驚くべき報告がなされた。それも妊娠7カ月だと言う。
更に驚くべき事実は清吉名義で5千万円のマンションが、その里美の為に購入されていたのである。明らかな私的横領だ。まさか、これ程の事実が浮かび上がって来るとは想像も出来なかった。どの様に処置したら良いのか、彼女一人の能力ではとても解決出来そうにない。弁護士に相談すべきだろうと始めは考えたが、一様は3年前から顧問になっている税理士に相談してみた。
やはり相談すべきは税理士であった。彼が提示したアイディアに紀子は、ただ感動するばかりだった。
明日に続く
関連記事

コメント