*胸腺癌*

*胸腺癌*
は非常にまれで、すべての胸腺腫瘍の0.06%しか占めないとされています。40~60歳に多く、胸部X線撮影で偶然に発見されることが比較的多いとされています。胸腺癌は90%が前縦隔に発生し、通常浸潤性であり、再発や死亡の危険が高いとされています。胸腺腫、胸腺癌ともに病因は明らかになっていません。胸腺腫では自己免疫疾患との関連性が指摘されていますが、胸腺癌と自己免疫疾患との関連はまれとされています。
関連記事

コメント