*扁平上皮癌*

*扁平上皮癌*(へんぺいじょうひがん)とは、上皮性の悪性腫瘍のひとつである。皮膚に生じたものは有棘細胞癌と呼ばれる。
発生部位は
口腔・舌・咽頭・食道・声帯・気管・気管支・喉頭・肛門・女性の外陰部・膣・子宮頚部・子宮膣部などの重層扁平上皮に覆われた粘膜、および皮膚に、不規則な糜爛(ビラン)あるいは潰瘍を種々の程度で認め、潰瘍周囲組織には硬結を認める。
放射線照射が効果的な事が扁平上皮癌の特徴でもある。
また悪性度は他の「腺癌」、「未分化癌」と比べやや低い。
関連記事

コメント