骨肉腫

*骨肉腫*
 骨肉腫は代表的な骨の悪性腫瘍です。腫瘍細胞が骨組織を作るのを特徴とします。原発性骨悪性腫瘍のなかで最も多く、全国で年間約200人の新しい患者さんが病院を訪れます。10代に約半数、5~24歳までに3分の2の患者さんが発症するなど、盛んに運動をしている活動性の高い少年期に発病します。また、最近50代や60代の方にもしばしばみられるようになりました。
部位では、とくに膝関節や肩関節に近いところから発生します。まれに、全身の骨に発生した多発例も報告されています。放置すると腫瘍の増大に伴って、腫瘍細胞が主に肺に到達して 腫瘤しゅりゅうを作ります。このように離れた臓器などに悪性の腫瘍細胞が移ってしまうことを転移と呼び、肺に転移したものを肺転移と呼びます。
1980年以前は、診断がついた時点でなるべく早く腕や足の切断術が行われていました。しかし、切断後に次第に肺転移が現れ、5年生存率は10~15%程度でした。しかし、その後、化学療法(抗がん薬)の発達によって、骨肉腫の患者さんの生存率は著しく改善されました。現在では3分の2以上の患者さんが治ります。手術療法も、切断術から腕や足を残して切除する方法へと移ってきています。
残念ながら、すべての患者さんが同じように化学療法が効くわけではありません。腕や足を残す手術を行うためには、化学療法がよく効くことが必要です。手足を残した場合に切除した骨の部分は、人工の骨や関節で再建したり、ヒトの骨で再建したりしていますが、まだ確立した方法がないのが現状です。
関連記事