胸骨部の生検

胸骨部の*生検*
現在では胸骨では行なわず腸骨で実施される事が多い。骨髄検査の種類である。
骨髄検査とは、骨髄を穿刺して骨髄液(骨髄血)を吸引する「骨髄穿刺」、または骨組織を含む造血組織を採取する「*骨髄生検*」の方法によって行われる造血組織の検査である。ドイツ語のKnochenmark(クノッヘンマルク:骨髄)から、医療業界用語(略語)ではマルクと呼ばれる。
主として血液疾患(白血病)の検査のために行われる骨髄穿刺と、骨肉腫の検査のために行なわれる「*骨髄生検*」とがある。
関連記事