小さな贈り物(4)

8月も末頃になって彼女の病状は、その峠を越え薄紙を剥ぐ様に少しづつ快方に向かって行った。先ずはタンパク尿が大幅に減少して来た。一日に3~4gも出ていたタンパク尿が1g以下になった。熾烈を極めていたDIC播種性血管内凝固症候群(はしゅせい けっかんない ぎょうこしょうこうぐん)も何とか軽快しつつあった。
夏休みも終え、妻と子供たちは実家に帰って行った。また一人孤独の闘いが始まるかと思うと寂しさを禁じ得なかった。そんな私の思いを察して妻は、こっちの小学校と幼稚園に子供たちを転校させ様かと言ってくれたが、折角厳しい受験に打ち勝って入った私立の名門校だ。
それを私の都合だけで田舎の小学校に転校させられる訳がない。
それでも妻は私に、これ以上厳しい単身赴任の仕事を続けさせたくないと言う。
「田舎の小学校でのんびり過ごさせるのも悪くないんじゃない。子供たちの事は未だ中学も高校もあるのだから、幾らでも取り返しが効くわよ。それよりは、あなたの体の事が心配だわ」
と言われ、私の心も一時は迷いかけたが、子供たちには小学校や幼稚園で仲の良い友達も沢山いる事だし、やはり私一人の都合で転校させる事は出来かねた。その頃の私は仕事の合間を見てスーパーで食料品を買い溜めして置く事を妻に教わり、一人になった後も夕食も取れず空腹のまま寝る様な生活からは一歩前進していた。
9月に入って彼女の病状は一気に改善して行った。28才と云う若さだけあって、一度回復の波に乗ると病状の軽快も早かった。
彼女の病状が落ち着いた所で、今度は保険請求の病状併記に私は専念した。
何故これ程の高額医療費になってしまったかの嘆願書である。通常100万円を超えると、病状併記が必要になって来る。それでもA4コピー用紙に20行も書けば充分である。
しかし1カ月の保険請求金額が200万円も超えるとA4コピー用紙に2枚ぐらいの病状は書かなければならない。それでも時に50万円ぐらいは削減される。
私は一日がかりでA4コピー用紙に10枚の病状併記を書いた。2カ月半にわたる検査データーを幾つもの表にまとめ、その中に使用薬剤の投与量と日数、その使用薬剤により検査データーがどの様に改善したかを詳細に記した。
それは、まるで学会論文の発表に似ていた。さらに28才の女性の命を救う為に検査技師、ナース達がどの様な努力を払ったかも付け加えた。もちろん自分の事は何も書かなかった。
私としては全身全霊の嘆願書である。
これで私の医療行為に過剰診療の烙印を押されるなら、もう諦めるしかないと腹をくくった。
それでも私に課せられるペナルティは何ヶ月分かの給料がもらえなくなるぐらいだろう。そう考えると気も楽だ。
9月12日、ついに彼女の退院する日が来た。正に奇跡の回復とも言えた。
その日、彼女の夫と、その母は幾度も私に頭を下げ感謝の言葉を述べた。
帰る間際に彼女が娘に何かを言っていた。ナナちゃんは頷いて私の側に寄って来た。
「先生、ちょっと座って」
「どうしたの、ナナちゃん」
「ちょっと座って、お願い」
「そうかい、こんな風で良いのかな」
と、私は少しばかり腰を屈めた。
するとナナちゃんは、私の頬にその小さな唇を寄せて軽くチュをしてくれた。
「先生ありがとう」と言って、
ナナちゃんと、その家族は何度も私を振り返り病院を後にした。
何とも言えない小さな贈り物を残して…
➖ 完 ➖
予告 : 明日からの連載小説は「青空を求めて」が始まります。
関連記事

コメント