認知症とタバコ

SKさんへの回答
タバコと認知症の関係ですが、かって10数年以上前にタバコを吸っているとアルツハイマー型認知症にかかりにくいと言う俗説が世界中に流布した時代がありました。もちろん、その後は否定されましたが。タバコに伴う認知症リスクは、圧倒的に脳血管性認知症のリスクが高いと言う事です。通常は1日に20本の喫煙者で脳血管障害( 脳梗塞やくも膜下出血 ) を起こす危険度は2倍以上と言われていますから、30本だったら3倍以上、40本だったら4倍以上と考えて良いと思います。タバコは動脈硬化を起こす最大危険因子とも言われています。早急にタバコを止められる事をお勧めします。
2015-6-27.jpg


タバコと認知症の質問
認知症ブログランキングから、このブログを知りました。
成川先生に質問させていただきます。
私は57歳、男性です。
1日30本~40本程度、30年以上タバコを吸っています。何度も禁煙を試みたのですが、いまだに禁煙出来ません。
タバコを吸い続ける事での将来的な認知症のリスクはどのようなものでしょうか。
SK

関連記事

コメント