青空を求めて(52)

11月4日(木)小学校受験
午前6時半に起床、さあ受験の朝だ。内部進学なので合格すると分かっていても、それなりの緊張感は付きまとう。7時20分悠真のトイレ誘導。親子3人とも体調は良好である。服装を正して8時40分には自宅マンションを出る。定刻5分前には隣接する小学校に到着。
悠真も試験考査の対象になっているが形式に過ぎない。多動症であるかどうかをチェックするぐらいだ。悠真と私たち夫婦の二人は別々の会場で考査を受けた。
昨日は夫婦二人で一時間以上は面接の為の予行練習をしていた。妻が私を指導する立場で幾つものアドバイスをして来た。
面接官は校長先生であった。
しかし実際の試験場では妻の方が焦ってしまい、少しばかり見当外れの回答をしてしまう事が多かった。もちろん、それで合否の判断が変わると云う事も無いのだが…
翌朝9時半には早くも合格通知が届き、10時には早々と入学手続きを済ませた。
午後1時には病院に行き、老人ホームの往診に出かける。3時半から5時までは入院患者さんの回診を急ぎ済ませる。
11月14日(日)園祭り
昼の12時、自宅で宅配ピザの昼食を取り12時50分車で幼稚園に向かう。午後1時から2時までが年長クラスの催事時間である。クラスメイトの保護者たちと20分ぐらい立ち話をする。昨年の幹事役から今年のクリスマス会には私がサンタクロースを是非やって欲しいと言われ渋々引き受けた。
11月16日(火)個人面談
午後3時から4時までの一時間、夫婦二人で個人面談に臨む。小学校まで後4ヶ月半、
「どうやって指しゃぶりを止めさせるか」が、大きな課題である。指に辛子を塗るなんて云う案も出されたが、口腔内に炎症を拡大させてしまう危険もあったりして、それも出来かねた。
12月4日(土)マンション契約
午前9時から10時まで自閉症児クラス27名の細やかクリスマス会が学園主催で行われた。わずか一時間であったが内容が濃く悠真も充分に楽しんでいた。
午後3時から4時半まで吉祥寺の野村不動産でマンションの売買契約をする。マンション自体は同じ棟内であったが賃貸と所有では意味合いが違う。広さも84平米から100平米となって住み心地も少しだけ余裕が感じられた。7200万円の売値を何とか6800万円まで下げて交渉は成立した。
また今までの2階と違って6階なので窓の外の眺望も素晴らしい。冬の晴れた日の富士山は絶景であった。転居して雄大な富士の山を初めて目にした時は夫婦揃って感動のあまり拝んでしまった。しかし角部屋なのでエアコンはかなり強くしないと夏は暑くていられない。どんな場所にでも夫々に一長一短はあるものだ。
明日に続く
関連記事

コメント