青空を求めて(56)

1月22日(土)みどり会の新年会
午前10時05分親子3人車で「府中の森芸術劇場」に向かう。来週の土曜に、この劇場で学園全体の劇発表会が大々的に
予定されている。初めての場所なので今日はその下検分である。
観客席だけで2千人以上はあると云う大劇場である。何にしても派手な事の大好きな学園を象徴するかの様な場所であった。昨年は悠真のITP騒ぎで、この発表会は欠席しているので今年が初デビューとなる訳だ。
会場の確認を済ませた後は吉祥寺の東急デパートで昼食を取る。
午後4時半から7時までは、「みどり会」の新年会である。小学校の体育館で500人以上の父母と全ての教職員が集まっての大新年会だ。私は生ビールを5~6杯は飲んだろうか、途中から眠くて仕方がなかった。
それでも他の父母の話には適当な相槌をうって、お茶を濁していた。この日は教職員がホスト役で盛んにビールやワインを注いで歩き回っていた。
親の出番も多く毎週のように何かの行事に参加させられ忙しい日々を送っているが、教職員はそれ以上に大変な思いをさせられているみたいだ。
誰かの父親が、
「この学園を企業に喩えるなら間違いなくブラック企業だ」
と言っていたのを思い出した。
私は7時半には自分のマンションに戻り、そのまま眠ってしまう。
1月29日(土)発表会
午前7時15分朝食、悠真はタコ焼を4個食べただけ。10時に親子3人が私の車でマンションを出た。10時35分目的地の駐車場に到着した。後15分も遅ければ駐車場の中は車で一杯になり私たちは苦労したに違いない。そのまま車の中で少し早い昼食をすませる。
11時10分悠真を担任の先生に預ける。
12時30分発表会グランドオープン、予想以上に感動的であった。2千人もの父母が観客席に陣取っており、カメラフラッシュの光線が矢の様に飛び跳ねている。大スピーカーが劇場のあちらこちらに配置され音響効果も抜群であった。
悠真の出演題目は3番目の「おばけパーティ」と6番目の「ちびっこカーボイ」であった。
どちらも台詞は殆んど聞こえなかったが、この一年で指示行動にはかなり従える様になって来た。やはり学園の熱い教育の賜物であろう。
午後3時45分終幕、駐車場の車の中で悠真に色々と食べさせる。
相当にお腹を空かしていたらしく、よく食べよく飲んだ。
5時半に沢山の感動を抱いて自宅マンションに帰って行った。
始めの内こそ懐疑的だった私も先生方の努力と、子供たちの真剣な演技を見るにつれ学園の行事に対する考え方が素朴な感動に変わってしまった。
明日に続く

青空を求めて「幼児編」は本日をもって中断します。
また新たな着想の許に悠真の
「少年編」は後日書き続けるつもりでいます。執筆活動はしばらく休ませて頂きます。
本来の認知症に関するご質問は、これからも引き続き受け付けております。
2016・3・15 筆者
関連記事

コメント