認知症詩集(8)

眠れぬ夜
自己嫌悪に浸る日
感情のコントロールが出来ず
誰かを傷つけてしまった日…
同じ誤ちを繰り返す愚かさに
溜息まじりに見上げる天井が
そんな私を笑っている
精一杯生きたのか…今日という日を、自分の中に嘘は無かったのかと…
関連記事

コメント