認知症とタバコ

さやこさんへの回答
68歳のお父さまは残念ですが、脳血管性認知症のピック化( 前頭側頭型認知症の合併 ) が著明です。家庭内の状況も極めて深刻です。至急に専門医の診断が必要です。2012年に脳梗塞を起こされ、約一年後に再発したとのお話しですが、その元凶はタバコにあります。脳梗塞の時は恐らく脳外科に入院したと思いますが、今の病状は脳外科ではないですから、認知症専門医をネットで探して下さい。このまま事態を放置しておくと状況は、もっと悪くなります。お父さまの暴力暴言は病気の成せるわざですから、お父さまの為にも、増してやお母さまの為にも一刻も早く専門医に相談する事をお勧めします。


68才の父親の事です。
2012年11月に軽い脳梗塞を発症しました。翌年に12月に再度発症してます。
入院をしている時だけリハビリを行い、それ以降自宅ではほとんどやっていません。
家族の誰が言っても全くやろうとはしません。
デイサービスも数回行ってやめましたし、お風呂も何か月も入らない場合があります。タバコだけは一日2箱も吸っていて、そしてずーっと動かない父親が最近はあまり歩けなくなり、車椅子をレンタルしました。たまに散歩に行く程度ですが。
そんな父親の暴力暴言に困ってます。
変なところでぶち切れスイッチが入り、そうなると物を投げつけたり、壁をドンドン叩いたりで、部屋の中はメチャクチャ。
面倒見ている母親は殴られたり、大声で悪口を言われたりで毎日が大変です。
もう一緒に住むのは限界です。
まずはどうしたら良いでしょうか?
ちなみに認知症の可能性もありますか?
                        さやこ

関連記事

コメント