認知症詩集(16)

字は人なりと言われた時代が
パソコンの進化に伴い
陳腐の言葉と化して行く
人はパソコンの奴隷では
そんな不吉な予感がする
書道もまた芸術である…
大筆、小筆の持ち味…
何千年と云う書道の歴史
写経、写本と云う膨大な時間を
費やしての智慧の継承…
一字一句に編み込まれた
魂の遍歴…墨と筆、それ以上に
刻み込まれた心の想いを
パソコンで伝えられるのか
デジカメの様に
生鮮食糧品の如く
魂の思いも賞味期限があるのか

関連記事

コメント